FC2ブログ

ポールの曲:『ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ(With A Little Help From My Friends)』 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » ポールの曲 » ポールの曲:『ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ(With A Little Help From My Friends)』

ポールの曲:『ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ(With A Little Help From My Friends)』

リンゴがリード・ヴォーカルを担当しているビートルズの曲の中で、おそらく僕が一番好きな曲がこの『ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ』である。公式にはレノン=マッカートニーの共作とされているが、ジョン自身も認めていた通り、ほとんどがポールの手になる曲と思われる。

ポピュラー音楽史上最も革新的かつ優れたアルバムとも称される『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』の2曲目に、なんとリンゴがヴォーカルをとるこの曲が配されたことはとてつもなく重要な意味を持つ、と僕は考えている。2曲目とはいっても、実際には1曲目はショーの始まりを告げるアルバムと同名のオープニングチューンであるから、『ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ』は実質的にアルバムのオープニングを飾る顔のような曲と言っても過言ではない。

ひょっとするとアルバム全体のカラーを決定するかもしれない、この極めて重要なアルバムの2曲目にジョンでもポールでもない、リンゴのヴォーカル曲を持ってきたところにビートルズ特有のチャレンジ精神が端的に表現されている。彼らはきっとファンがアッと驚くような事をいつもやりたかったのだろう。「オオッ、いきなりリンゴかよ!」と…。

このアルバムの発売当時、何の予備知識もなくこのアルバムを聴いた人たちは、きっと度肝を抜かれたにちがいない。これではまるでリンゴが主役である。もちろんアルバム(ショー)が進むにつれ、リンゴが脇役であることは徐々に明白になってゆくのであるが、アルバムに1曲も提供していないメンバーにさえスポットライトを当ててやろうとするその姿勢は、ビートルズとはいかなるバンドであったかを理解する助けになるだろう。いついかなる時も、損得勘定を超えた“何か”がビートルズを突き動かしていたことはたしかである。

そういう意味ではビートルズはあえて一つの賭けに出たといえる。そして、見事賭けに勝つのである。そう、『ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ』はすぐにビートルズの名曲の一つに数えられ、後年リンゴ・スターというアーティストを代表する楽曲にまで成長してゆくのだった。

ポールはのちにこの曲のキーが高くなり過ぎないように気をつけたと語っていることから、最初からリンゴに歌わせるつもりでこの曲を書いたものと思われる。こんなにもいい曲を自分以外のために書けてしまうなんて、やはりこの頃のポールの創作能力は尋常ではないと思う。リンゴのためにポールが書いた曲ということでは、他に『イエロー・サブマリン』という名曲も存在するが、個人的には『ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ』のほうがずっと好きである。僕の中ではリンゴが歌った全楽曲の中でもきっとベスト3に入るだろう。

サウンド面では、なんといっても溜めのきいたポールのベースが聴きもので、彼の名演の一つに数えられると思う。耳はついついベースを追いかけてしまう。リンゴのヴォーカルもこれ以上ないほど曲にピッタリとマッチしているし、ジョン、ポール、ジョージ3人によるコーラスも曲を最高に盛り上げてくれている。考えてみれば、彼ら3人にコーラスをつけてもらったアーティストというのは世界中でリンゴ・スターただ一人だけだったのかもしれない。当時は当たり前だったのかもしれないが、今考えると気絶しそうになるほど超豪華なコーラスワークである…。ブラボー、リンゴ!

さてポールは来年2月頃にスタンダードのカバーアルバムを発売すると噂されているが、個人的にはスタンダードもいいけど、ポールが過去他人に提供した楽曲のセルフカバーアルバムというのをぜひとも実現してほしい、という思いがある。ま、ほとんど無理だろうが…、ポールが歌う『ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ』や、『愛なき世界』(ピーター&ゴードン)、『グッバイ』(メリー・ホプキン)なんかも死ぬまでに1度は聴いてみたい、なんて思うのである。冥土のみやげに(笑)。

参考:サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド


関連記事