FC2ブログ

ポール・マッカートニー:偉大なる50年の軌跡  その4『英・米で10位内に入らなかったアルバム PART1』 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » 特集記事 » ポール・マッカートニー:偉大なる50年の軌跡  その4『英・米で10位内に入らなかったアルバム PART1』

ポール・マッカートニー:偉大なる50年の軌跡  その4『英・米で10位内に入らなかったアルバム PART1』

前回までは英・米のチャートで10位内に入ったアルバムについて見てきた。では、公式に発売されたアルバムの中で10位内にも入らなかった作品というのはいったいどれくらいあるのだろうか?(順位はいちおう100位内に入った作品を目安として集計した)

第1期(1962年~1971年)20代
★イギリスで10位内に入らなかったアルバム:1枚
『ワイルド・ライフ(11位)』
●アメリカで10位内に入らなかったアルバム:1枚
『アーリー・ビートルズ(43位)』

第2期(1972年~1981年)30代
★イギリスで10位内に入らなかったアルバム:0枚
●アメリカで10位内に入らなかったアルバム:1枚
『ウイングス・グレイテスト(29位)』

第3期(1982年~1991年)40代
★イギリスで10位内に入らなかったアルバム:2枚
『バック・イン・ザ・USSR(63位)』『トリッピング・ザ・ライヴ・ファンタスティック(26位)』
●アメリカで10位内に入らなかったアルバム:7枚
『パイプス・オブ・ピース(15位)』『ヤア!ブロード・ストリート(21位)』『プレス・トゥ・プレイ(30位)』『オール・ザ・ベスト(62位)』『フラワーズ・イン・ザ・ダート(21位)』『トリッピング・ザ・ライヴ・ファンタスティック(17位)』『公式海賊盤(14位)』

第4期(1992年~2001年)50代
★イギリスで10位内に入らなかったアルバム:4枚
『ポール・イズ・ライヴ(34位)』『ラン・デヴィル・ラン(12位)』『ドライヴィング・レイン(46位)』『バンド・オン・ザ・ラン 25周年記念盤(69位)』
●アメリカで10位内に入らなかったアルバム:4枚
『オフ・ザ・グラウンド(17位)』『ポール・イズ・ライヴ(78位)』『ラン・デヴィル・ラン(27位)』『ドライヴィング・レイン(26位)』

第5期(2002年~2011年)60代
★イギリスで10位内に入らなかったアルバム:2枚
『グッド・イヴニング・ニューヨーク・シティ(28位)』)『エレクトリック・アーギュメンツ(79位)』

●アメリカで10位内に入らなかったアルバム:1枚
『グッド・イヴニング・ニューヨーク・シティ(16位)』

※ビートルズ解散以降に発売されたビートルズのアルバムチャート記録は、ポールソロ期の成績がぼやけてしまうため、これまでと同様上記には入れず以下に追記する。
ビートルズ解散後に発表されたビートルズ名義のアルバムで、チャート10位内に入らなかったものは以下の通り。

★イギリスで10位内に入らなかったビートルズ名義のアルバム:計8枚
『ロックン・ロール・ミュージック(11位-1976)』『レアリティーズ(71位-1978)』『ビートルズ・バラード・ベスト20(17位-1980)』『パスト・マスターズVol.1(49位-1988)』『パスト・マスターズVol.2(46位-1988)』『ビートルズ・モノ・ボックス(57位-2009)』『ビートルズ・ステレオ・ボックス(24位-2009)』『パスト・マスターズ(31位-2009年)』
●アメリカで10位内に入らなかったビートルズ名義のアルバム:計9枚
『ラヴ・ソングス(24位-1977)』『レアリティーズ(21位-1980)』『リール・ミュージック(19位-1982)』『20グレイテスト・ヒッツ(50位-1982)』『イエロー・サブマリン・ソング・トラック(15位-1999)』『キャピトル・アルバムVol.1(35位-2004)』『キャピトル・アルバムVol.2(46位-2006)』『ビートルズ・モノ・ボックス(40位-2009)』『ビートルズ・ステレオ・ボックス(15位-2009)』

以上をまとめると、ビートルズ時代を含めた過去50年間にポールが発表したアルバムのうち10位内に入らなかったアルバムはイギリスで17枚、アメリカで23枚という結果となった。
ソロ期だけを見ると、10位内に入らなかったアルバムはイギリスで9枚、アメリカで13枚。
ビートルズだけを見ると、10位内に入らなかったアルバムはイギリスで8枚、アメリカで10枚だった。
※ただし、アルバムチャート100位圏内にも入れなかった、たとえばポールのクラシックアルバムのような作品は上記には含まれていないので、厳密な意味で10位内に入らなかったアルバムの実数は上記をかなり上回ると思われる。ここではあくまでも10位以下、100位内に入ったアルバムを対象とした。


今回もまた思った以上に興味深い結果が出た。
まず、ビートルズと名の付くものならば、ベスト盤であろうと、企画盤であろうと、とにかく10位以内に入れなかったアルバムというのはひょっとしたら1枚もなかったのではないか…、あったとしても2、3枚がいいところではないか、などと思っていたのだが、実際にはビートルズ名義で10位内に入れなかったアルバムはイギリスでは計8枚、アメリカでは計10枚もあったいう結果となった。

このうち特に意外だったのは『パスト・マスターズ』Vol.1&2が英・米共に全くヒットしなかったことである。なにしろアメリカでは100位内にさえチャートインしていないのだから恐れ入る(信じ難い)。『パスト・マスターズ』はご存知の通りビートルズが現役中にシングルだけでしか発売していなかった曲を中心に再構成した編集盤であるが、その内容たるやまさに宝がザックザク。ある意味ビートルズのオリジナルアルバムよりも密度の濃い楽曲がズラリと並んでいる。もちろんVol.1もよいのだが、(ポールのファンらしく)僕は個人的に特にVol.2のほうをより高く評価していて、とりわけ2009年リマスター盤Vol.2は聴くたびに僕の中で評価がウナギ登りなのである。中でも『デイ・トリッパー』『恋を抱きしめよう』『ペイパーバック・ライター』『レイン』『レディ・マドンナ』『ヘイ・ジュード』などの生まれ変わったサウンドには聴くたびに全身が痺れる思いがする。編集盤を超えた編集盤『パスト・マスターズ』は世間にもっと評価されてしかるべきだと思う。このアルバムは、ビートルズが現役時代にファンの為にアルバムにはあえて収録しなかった曲だけを集めたものであり、他のアーティストにけっしてマネのできないその驚異的な創作能力の高さを世に示した、今では重要な作品の一つと僕は考えているからである。

さてポールのソロ期に目を向けてみると、僕は実はここに来て初めてポールの本当の凄さを思い知った気がしたのだった。というのも、第1期(20代)、第2期(30代)に関しては、ほぼ完ぺきに作ったアルバムのほとんどが10位内というハードルをクリアしているからである。特にビートルズ解散直後の30代の10年間ポールは本当にがんばったのだと思う。30代にイギリスで10位内に入らなかったアルバムはなんとゼロ、アメリカでも『ウイングス・グレイテスト(29位)』たった1枚という成績を残しているのだから。

だが僕にとってはこの『ウイングス・グレイテスト』はなぜアメリカで全くヒットしなかったのかが今もって理解できないいわくつきの1枚、怨みの1枚でもある(笑)。このウイングス初のベストアルバムは『ロンドン・タウン』と『バック・トゥ・ジ・エッグ』の間、1978年に発売された。当時はディスコブーム全盛で、ポールのような正統派ロック、ポップスはどちらかというと隅に追いやられている印象はあったものの、たとえば日本ではウイングスはクイーンやビージーズ等にも決して引けを取らない人気を誇っていた。僕のスクラップブックを見ると、1978年の年間ポップスチャートの4位(幸せの予感)と9位(ガールズ・スクール)にウイングスが名を連ねている。

北米ツアーを大成功させ、3枚組ライブが1位に輝き、イギリスで『夢の旅人』が『シー・ラヴズ・ユー』のレコード売上記録を塗り替え、当時のポールは乗りに乗っていた。ファンの僕たちにとってもさらなる黄金の未来は約束されているかに見えたのである。しかし…。『ロンドン・タウン』はアメリカで1位を獲りそこね、続くベスト盤『ウイングス・グレイテスト』でポールは挽回を図るのだが、これがまた見事にコケてしまうのである。「これだけヒット曲、代表曲満載のアルバムがなぜ売れないのか…。」僕は理解に苦しんだ。1位になって当然のアルバムではないか、と。だが、ポールがソロになって初のベストアルバムが売れなかったのは紛れもない事実である。今さら怨み事を言っても仕方がないのだが、内容的には売れてしかるべきものが売れなかったのは、レコード会社にもその責任の一端があると僕は考えている。結局のところ、このあたりのモヤモヤ感は『タッグ・オブ・ウォー』の英・米同時No.1獲得で一時的には晴れるものの、すぐさま次の作品『パイプス・オブ・ピース』で再燃してしまう。そして、それは思った以上に長く続いてゆくのである。

「アメリカでもはや売れないポール」。これはポール・マッカートニー人気に予想以上の大きなダメージを与えることになったようだ。アメリカでのチャート成績低迷の裏には、70年代後半におけるポールのレコード会社移籍が少なからず関係していると僕は分析しているのだが、PART2ではそのあたりも含めてさらに検証を進めてみたい。

参考:パスト・マスターズ vol.1&2


関連記事