FC2ブログ

ポールのアルバム “McCartney(マッカートニー)” - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » ポールのアルバム » ポールのアルバム “McCartney(マッカートニー)”

ポールのアルバム “McCartney(マッカートニー)”

いわずと知れた、ビートルズ解散後にポールが発表した初のソロアルバム。

アルバム全体のカラーはポールにしてはやや暗めの印象。
その主たる理由として考えられるのは、ビートルズ解散が決定的という状況の中で、大きなフラストレーションを感じながら製作されたアルバムということだろう。
実際、アルバムに収録されているどの曲についてもポールらしい明るさや、突き抜けるような爽快感が全く感じられない。
しかし、逆にその事がこのアルバムを特別な一枚にしているとも言える。

マッカートニーの楽曲が何かの理由で陰影の質を帯びるとき、突如として作品が輝きだすことがあるのだが、このアルバム“McCartney”は、その陰影という要素が当時の彼を取り巻く状況によって自然と生み出されたという背景がある。

ポールの44年に渡る音楽キャリアを俯瞰してみると、「競争」「摩擦」「苦悩」「挫折」「悲しみ」などが名作を生むキーワードであることに気付く。
僕自身は好調時の底抜けに明るいマッカートニーの作品群、たとえばアルバム“Venus and Mars ”や“Speed of Sound”なども大好きなのだが、やはり一般的に評価の高い作品といえば“Ram”(自信喪失)であったり、“Band on the Run”(メンバーの脱退)であったり、“Tug of War”(ジョンの死)であったりするわけだ。
久々に高い評価を得た“Chaos ~”にしてもプロデューサー、ナイジェル・ゴドリッチとの摩擦、軋轢という化学反応があってこそ生まれ得た作品であったことを忘れてはならない。

このアルバム“McCartney”もビートルズ解散という大きなフラストレーションの只中で、たった一人ぼっち(正確には二人ぼっち)で製作された。
心の支えといえば、世界でただ一人、愛妻のリンダのみという過酷な状況の中でこの作品は生まれたのだった。

ゆえに、このアルバムはリンダへ捧げる極めて個人的な曲で幕を開ける。
「ラララ、ラララ、ラララ、愛しいリンダ。
髪にかわいい花をつけている…。」

ある意味衝撃的なラブソングだ。

完全無欠の完成度を誇る後期ビートルズの作品群をリードしてきたあのポール・マッカートニーが、初のソロアルバムの1曲目に、鼻歌で即興的に作ったかのような曲を持ってきているのだから驚きである。
しかも、曲は唐突に始まり、笑い声で終わる。
まるで出来の悪いデモテープではないか。
いや、まさにデモテープそのままであろう。

つまりポールはアルバムとしての作品の出来を犠牲にしてまでも、愛妻リンダに対する感謝の気持ちを不器用ながらも、純粋かつシンプルに表現したのだった。
ビートルズを失い、ジョン・レノンという盟友さえをも失ってしまったポールにしてみれば、リンダこそが唯一音楽を続けることを可能にする最大の原動力であったわけだ。

アナログ盤“McCartney”の裏ジャケットにはたしかLindaという名前の上に大きな赤いハートが付けられていたと記憶している。
そして、ジャケットを見開くと一面に隙間なく並べられたポールとリンダ、そして子供たちの写真。
世間の喧騒を離れ、人間ポール・マッカートニーを取り戻そうとする姿がそこにあった。
商業主義に踊らされることなく、音楽を少年の頃のように楽しもうとする姿がそこにあった。

ポールが生来持つ底抜けの明るさが、ストレスやフラストレーションによって中和されるとき、そこに見事なまでのハーモニーが誕生する。
それゆえ、いかにこのアルバム“McCartney”が遊び心満載のプライベートな作品であったとしても、至るところに天才のきらめきが感じられるのも、また確かなことである。

最後にこのアルバムは、ほとんど全ての楽器をポール自身が担当したという側面から見れば、ロック史上稀にみる異色作品でもあることをここに記しておこう。

“McCartney”で好きな曲ベスト5
1.“Maybe I'm Amazed” 1曲だけ突出した名曲。ビートルズのどの曲にも負けない輝きを持つ。
2.“Momma Miss America” ポールのインストゥルメンタルで一番好きかも。
3.“Junk” やはりこれは外せない。“Singalong Junk”も負けないくらいによい。
4.“Every Night” 艶っぽいヴォーカルが光る!
5.“Man We Was Lonely” ポールらしい必殺のメロディーライン炸裂。

ポール・マッカートニー ポール・マッカートニー
ポール・マッカートニー (1995/11/08)
東芝EMI
この商品の詳細を見る
関連記事