FC2ブログ

ポール初のバレエ音楽『オーシャンズ・キングダム』情報 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » ポールのニュース » ポール初のバレエ音楽『オーシャンズ・キングダム』情報

ポール初のバレエ音楽『オーシャンズ・キングダム』情報

最近のポール関係のニュースでは比較的大きく取り扱われているポール初のバレエ音楽『オーシャンズ・キングダム』についてまとめておこうと思う。正直に言うと個人的にはさほど大きな興味をそそるプロジェクトではないのだが、ポールの公式HPでも紹介され、CD等の発売日も決まったとなると、さすがに素通りはできなくなってしまった。というわけで、ポールの公式HPの内容から要点のみを抜粋してお届けする。

ポールHPの記事はこちら(原文:英語)
http://www.paulmccartney.com/news.php#/2263/2011-08

『オーシャンズ・キングダム』はニューヨーク・シティ・バレエ団からの依頼を受け、ポールが音楽を担当した新作バレエである。音楽は10月にCD、デジタル、アナログのフォーマットで発売される。レコーディングは今年6月に行なわれた。イギリスでは10月3日に(ビートルズ時代にいわくつきの)デッカ・レコードから、アメリカでは10月4日にヒア・ミュージック/テルアークから発売される。指揮はジョン・ウィルソン、プロデューサーはジョン・フレイザー、演奏はロンドン・クラシカル・オーケストラ。『オーシャンズ・キングダム』のワールド・プレミアは9月22日にニューヨークで行なわれる予定で、コスチュームデザインはポールの娘ステラが担当するということである。

『オーシャンズ・キングダム』は約1時間に及ぶバレエ音楽作品で、4楽章に分かれている。(第1楽章 オーシャンズ・キングダム、第2楽章 ホール・オブ・ダンス、第3楽章 インプリズンメント、第4楽章 ムーンライズ)

ちなみに「海の王国」という主題はポールが思いつき、その後彼がバレエ団のメンバーたちと共に発展させていったものということである。美しい海の中で生きる者(魚たち?)の生活、そしてそれをおびやかす人間たちの脅威を描いているとのこと。自然をこよなく愛するポールらしいテーマであり作品といえるだろう。

参考:
オーシャンズ・キングダム(CD日本盤)
オーシャンズ・キングダム(CD・US盤)


※姉妹ブログ 「生きているだけでめでたい」 もよろしくお願いします

関連記事