FC2ブログ

ビートルズ・リマスター日記 - 35   リマスター版『1』が9月に発売 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » ビートルズ・リマスター日記 » ビートルズ・リマスター日記 - 35   リマスター版『1』が9月に発売

ビートルズ・リマスター日記 - 35   リマスター版『1』が9月に発売

ウイルスバスター トレンドマイクロ・オンラインショップ


2000年に発売され、全世界で3000万枚以上ものセールスを記録したビートルズのベストアルバム『1』がこの9月に再発売される。今のところ日本盤の発売は9月2日、US盤の発売は9月13日ということになっている(以上アマゾン)。音源はもちろん2009年の最新リマスターを使用したものとなっている。

もともとこの『1』は2000年に“最新デジタルリマスタリング”という大々的な触れ込みで発売されたものである。当時はその音質のすばらしさに僕も大変驚いたものだが、今聴いてみるとたしかに音はクリアだが音圧が高すぎるといった印象。個人的には2009年のリマスターのほうがダイナミックレンジや音の深みが増した分、昔のアナログの音により近いものになったと思っていたから、遅かれ早かれこのリリースはあるのだろうと考えていた。

まあ僕は買わないが(笑)、これからビートルズを聴き始める人たちにとっては内容(全曲1位)、量(27曲、79分)共に入門盤としては最適なアルバムなのかもしれない。

今回調べて初めて知ったのだが、この『1』は発売1週目だけでなんと360万枚を売り上げ、ギネスブックにも認定されたのだという。またアメリカ・ビルボード誌ではビートルズ名義としては初の年間チャート1位を獲得し、その上2000年代の10年間で最も売れたアルバムにもなったということだ(以上ウィキペディアより)。総売上枚数も前述の通り3000万枚以上ということだから、アルバム単位の売上枚数でも1位の『アビイ・ロード』と同等かそれ以上ということになるのだろう。解散から30年後に発売されたベスト盤がこれだけ売れてしまうのだから、やはりビートルズはすごいとしか言ようがない。これはもう時代を超えたモンスターアルバムだ。

ということで日本盤発売元のEMIミュージック・ジャパンをのぞいてみたら、8月5日にすでに『1』の発売告知がされていた…。以下のページでは内容の詳細や、楽曲の人気投票なども行なわれているので興味のある方は確認されたし。尚、今回の日本語盤リリース特典としては楽曲解説&「ビートルズ小辞典」なるブックレットが封入されるとのことだ。

EMIミュージック・ジャパン 『1』公式ページ
http://www.emimusic.jp/beatles/special/2011_beatles1.htm

参考:
ザ・ビートルズ『1』リマスター日本盤
ザ・ビートルズ『1』リマスターUS盤


関連記事