FC2ブログ

ソロ・リマスター日記 - 22 『マッカートニー』『マッカートニーⅡ』リマスター、ディスク2の感想(2) - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » ソロ・リマスター日記 » ソロ・リマスター日記 - 22 『マッカートニー』『マッカートニーⅡ』リマスター、ディスク2の感想(2)

ソロ・リマスター日記 - 22 『マッカートニー』『マッカートニーⅡ』リマスター、ディスク2の感想(2)

サントリーウエルネスオンライン


前回に引き続き、今日は『マッカートニー』のリマスター盤ディスク2を取り上げる。

ディスク2に収録されていたのは以下の7曲。
1. 『スーサイド』(Suicide [Out-take])
2. 『恋することのもどかしさ』(Maybe I'm Amazed [From One Hand Clapping])
3. 『エヴリナイト』(Every Night [Live At Glasgow, 1979])
4. 『燃ゆる太陽の如く』(Hot As Sun [Live At Glasgow, 1979])
5. 『恋することのもどかしさ』([Live at Glasgow, 1979])
6. 『ドント・クライ・ベイビー』(Don't Cry Baby [(Out-take])
7. 『ウーマン・カインド』(Women Kind (Demo) [Mono])

今回のリマスター盤リリースで、正直言って僕が最も驚いたのが、『マッカートニー』におけるボーナスディスク収録曲の「貧弱さ」であった(ごめんねポール)。実質上の未発表曲は(1)と(7)の2曲のみ。あとは1979年グラスゴーでのライブテイクが3曲(3、4、5)と、さらに既出の『ワン・ハンド・クラッピング』から『恋することのもどかしさ』のスタジオ・ヴァージョン(2)、そして『ウー・ユー』のインストゥルメンタル・ヴァージョンといえる『ドント・クライ・ベイビー』(6)、以上の7曲である。特に収録場所が違うとはいえ、『恋することのもどかしさ』がダブっているというのはなんともいただけない。

文字通りビートルズの解散直前に製作されたのが、このアルバム『マッカートニー』であるが、音楽的にはポールが質、量共に最も脂の乗り切っていた時期とも重なるため、個人的にはビートルズで没になった曲がかなり出てくるのではないか、などと内心期待していたのである。だが、実際にフタを開けてみると、ビートルズ解散直後にはこれといったアウトテイクは存在していなかったということが明らかになってしまった。これは正直かなり意外だった。おそらくポールはファースト・ソロアルバムの収録曲に関しては在庫ギリギリの状態でなんとかやりくりしたのだと考えられる。(しかしそれでいて、あれだけの内容にまとめ上げたのはさすがとも言えるのだが…。)

もう一つの考え方としては、当時存在したアウトテイクはのちにアルバム『ラム』以降に公式に楽曲として順次発表されていったということであるが、いずれにしろ『マッカートニー』のボーナスディスクの収録曲が寂しくなってしまったという事実に変わりはない。つまりリマスター版『マッカートニー』はボーナスという部分では結果的にかなり不満の残るリリースということになるかもしれない。

僕が発売前に収録されることを期待していたのは『アナザー・デイ』と『オー・ウーマン、オー・ホワイ』の2曲。この2曲があればそれだけでボーナスディスクも光輝いたというものだが、実はこれらは録音時期が『ラム』のほうにより近いようで惜しくも今回はパスになってしまった…。逆にいえば『ラム』のリリースが相当楽しみになったともいえる。

というわけで、個人的にはこのディスク2でホントによかったと思えた曲は1曲もなしである(笑)。ただそれでも『燃ゆる太陽の如く』のライヴ・ヴァージョンは初出だし、『ドント・クライ・ベイビー』はタイトな演奏でなかなか聴きごたえがあってよいと思う。『スーサイド』は料理の仕方によってはもう少しいい曲になった気もするので残念だが、このままであればやはりアルバムには入れずに一部分だけを使用したのは正しい判断だったと思う。『ウーマン・カインド』はポール・マッカートニーにしてはあまりにも平凡かな?これもデモ止まりで仕方がなかったという気がする。グラスゴーのライヴ3曲は『オーバーアメリカ』の頃と比べるとやはりバンドとしてまだまだまとまりに欠ける印象である。まあ参考程度で。

とまあ、いろいろと好き放題書いてしまったが、ボーナスはあくまでボーナスであり、僕はハナから高いレベルなどは期待していない。内容は二の次なのだ。これらはあくまでポールからファンへの特別なプレゼントであることを僕たちは忘れてはならないのである。

日本盤:
『マッカートニー』スーパー・デラックス・エディション(高いほう)
『マッカートニー』デラックス・エディション(安いほう)

US盤:
『マッカートニー』デラックス・エディション(高いほう)
『マッカートニー』スペシャル・エディション(安いほう)
『マッカートニー』アナログ盤(LP)


関連記事