FC2ブログ

ポールの曲: 『マジカル・ミステリー・ツアー(Magical Mystery Tour)』 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » ポールの曲 » ポールの曲: 『マジカル・ミステリー・ツアー(Magical Mystery Tour)』

ポールの曲: 『マジカル・ミステリー・ツアー(Magical Mystery Tour)』

アルク


『マジカル・ミステリー・ツアー』はその名の通り、数あるビートルズの曲の中でも非常に摩訶不思議な雰囲気を持った独特な名曲だと僕はずっと思ってきた。1967年作。

この曲は公式にはレノン/マッカートニー作とクレジットされているが、ジョン自身もほぼポールの曲と認めており、ポールが同名フィルムのテーマ曲としてほぼ独力で書き上げたものと考えられている。

『マジカル・ミステリー・ツアー』…。このシンプルでしかも強烈なインパクトを与えるタイトルに、まずとてつもないセンスを感じてしまう。そして、ジョン、ポール、ジョージ3人によるものと言われる冒頭のコーラス“♪Roll up, roll up for the mystery tour♪”の神秘的とさえいえる不思議な響き。どうやってあの3人でこの声が作りだせたのか、僕はいまだに理解できずにいる。英語がよくわからなかった10代の頃には、ずっと“Roll up”のところを“ララ~”と思い込んで歌っていたものだが、とにかくこの余りにも強烈なフレーズに僕は時空を超越した神秘さえをも感じとってしまうのである。『サージェント・ペパーズ』から引き継がれたサイケデリックなサウンドはまさにこの曲でクライマックスを迎えたと言っても過言ではなく、まるで聴く者を異次元の空間に連れだしてしまうかのようだ。

この頃のポールの創造性に僕はやはり尋常ならざるものを感じざるをえない。

ジョージ・マーティンによるプロデュースも冴えに冴えわたっている。これ以上ないというほど華やかで、賑やか、まさにサイケデリックなサウンドでありながら、けっしてうるさくもなく、耳障りでもない絶妙のバランス感覚。およそ考え得るあらゆるアイディアを駆使しながら、細部まで綿密に練り込まれた音の錬金術。2度と再び再現し得ないビートルズ・ミュージックの極致ともいえる完成形の一つがここにある。

近年、ポールがこの曲をライブのセットリストに加えたこと(しかもかなり頻繁に)は僕にとっては非常な驚きでもあった。なぜなら、オリジナルの完成度が高すぎたがゆえに、サプライズ的な演出としてのお披露目ならともかく、この曲はステージで定期的にやるには不向きな曲と思われたからである。実際、僕自身はライブでの出来には必ずしも満足していない。でも、きっと生で聴いたら感動するんだろうな。

参考:マジカル・ミステリー・ツアー


関連記事