FC2ブログ

ビートルズ・リマスター日記 - 34  ビートルズ・リマスターが新基準 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » ビートルズ・リマスター日記 » ビートルズ・リマスター日記 - 34  ビートルズ・リマスターが新基準

ビートルズ・リマスター日記 - 34  ビートルズ・リマスターが新基準

デル株式会社


2009年9月9日にビートルズ・リマスターが発売になってからというもの、僕の日常の中に再び音楽を聴く生活というものが戻ってきた。とても不思議な事だが、単純に音楽を聴くことの心地よさ、喜び、快感といったものが僕の中で見事に息を吹き返し始めたのである。ただCDの音が変わるだけで音楽自体に対する向き合い方までもが一変してしまったのだった。これは僕にとって全く予期せぬ出来事だった。なぜなら自分がいつの間にかビートルズをだんだんと聴かなくなってしまったのは、ただ単に自分が年をとってしまったせいだと思い込んでいたからである。

だが実際はそうではなかったことが判明した。僕は過去2年近くにも渡り、ビートルズリマスターをコンスタントに聴き続けてきたからである。そして、その音は未だに僕を魅了し続けている。

ただ、音楽の聴き方だけは昔とは大きく様変わりしてしまった。僕が音楽を聴くのは主に通勤時や、夜ふとんの中に入ってから両耳に装着するカナル式ヘッドホン(というよりはイヤホンに近い)を通してである。しかも今やCDから音楽を聴くことなどほとんどない。僕は聴きたい曲をMP3の320kに変換(圧縮)し、そのすべての曲を安物のMP3プレーヤーに転送してランダム再生するという音楽の聴き方がほぼ定着しつつある。特にに夜ふとんの中でゆっくり音楽を聴くのが大きな楽しみの一つとなっている。細かいことをいえばその音はあまりいいとは言えないのかもしれないが、僕自身は十分満足している。

思えばその昔、カセットテープ全盛の時代に、いったい何本、何十本というベスト選曲集のテープを作成したことだろうか…。それらは聴くためというよりは、むしろその作る過程にこそ喜びが存在する楽しい手作業であった。つまり本当の意味でのベスト盤というのはあり得ないのであって、作った尻からどんどん新しい曲を加えたくなってしまう、という具合なのである。そんなわけで、ろくに聴きもしないベスト編集版カセットテープだけがどんどんうず高く積まれてゆくはめになったのは、けっして僕一人ではないだろうと思うのだが、いかがでしょうか昭和を生きてきた皆さん?

だが、時代は確実に変わった。手の平にすっぽりと収まるような一台の小さなMP3プレーヤーに、数百曲から数千曲もの曲をいとも簡単に収録できるようになったのだから…。僕にとってはまさに夢のような時代が到来したともいえる。なぜなら、もう次から次へとベスト編集版を作る必要性が全くなくなってしまったからだ。とりあえず、好きな曲を手当たり次第にプレーヤーに転送しておくだけで、あとはランダム再生でアーティストやアルバムの曲順等にとらわれることなく、いつも新鮮な気持ちで音楽を純粋に楽しむことができるのである。

ただ、それでも各曲の音圧の違いだけはどうしても気になってしまう。ランダムで曲を聴いていくと、ある曲は音が小さすぎ、ある曲は異常に音が大きすぎるといったことが頻繁に起こってしまうからだ。

そこで、僕はMP3のプレーヤーに入れる曲を選択し直すことにした。そして、そのやり方とはビートルズ・リマスターの音圧を基準にするというものである。ビートルズ・リマスターのもう一つのすばらしさは、各アルバムの音圧がほぼ一定に調整されているところにある。僕の感覚では、『フォー・セール』の音圧だけが他のアルバムに比べてわずかに高めに思えるくらいで、どの時代のどの曲を連続して聴いたとしても、まるで流れるように心地よく耳に入ってくるのである。

というわけで、ビートルズ・リマスターよりも極端に音圧が低い、または高い曲はリストから外すことにした。そうすると、かなりの曲がリストから外れることになってしまったが、これは音楽を気持ちよく聴くためには仕方がないことと割り切ってみた。こうしてプレーヤーをランダムで再生してみると、これが実に気持ちがいいのである。さながらラジオを聴くかのように、好きな曲が次から次へと再生されてゆく。たとえばビートルズ『サン・キング』⇒太田裕美『南風』⇒カーペンターズ『オンリー・イエスタデイ』⇒ジャーニー『お気に召すまま』⇒ポール・マッカートニー『ジャンク』⇒スティービー・ワンダー『レイトリー』⇒ホール・アンド・オーツ『キッス・オン・マイ・リスト』といったある意味メチャクチャなラインナップが続く(笑)。

僕にとってさらに嬉しいのは、我らがポールのアーカイブ・コレクションがこれまたビートルズ・リマスターの音圧を基準にされているらしいことである。ビートルズとソロ時代の曲が何の違和感もなく続けて聴けるというのは、これはファンとしては夢のまた夢が見事に叶ったという思いを強くしている今日この頃なのである。

しかし、まさかデジタルサウンドの領域においても、ビートルズが新たな地平を開拓するとは全く想像していなかった。だが結果的にビートルズ・リマスターはデジタルの音を変えたのである。

参考:ザ・ビートルズ・ボックス


関連記事