FC2ブログ

ポールの曲:『ワン・オブ・ディーズ・デイズ(One Of These Days)』 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » ポールの曲 » ポールの曲:『ワン・オブ・ディーズ・デイズ(One Of These Days)』

ポールの曲:『ワン・オブ・ディーズ・デイズ(One Of These Days)』

宿・ホテル予約ならじゃらんnet


僕の記憶が正しければの話だが、ジョンは亡くなる数カ月前に当時のポールの新作『マッカートニーⅡ』を聴き、その印象を「ポールは意気消沈していると思う」と表現している。ただ、『カミング・アップ』だけはいい仕事と語っていたが…。

当時から根っからのポール派である僕は、そのジョンの発言を苦々しく感じていた。『マッカートニーⅡ』はたしかにそれまでのポールのどのアルバムとも趣を異にしていたが、そこまで言われるほど悪いアルバムとは思えなかったからである。

だが、結果的にジョンは『マッカートニーⅡ』から遅れることわずか半年、『ダブル・ファンタジー』という大傑作アルバムをひっさげてカムバックを果たし、その巨大な存在感を再び世に示すことになる。(そのあとに起こったことは悲しすぎるのでここでは触れない)

あれから約30年もの月日が流れ去り、2011年の今年『マッカートニー』と『マッカートニーⅡ』がめでたくリマスター再発売された。だが実をいうと僕の心の中は少し複雑だった。なぜなら、リマスター化された『マッカートニー』はやはりすばらしいアルバムだったと認識を新たにすることができたのだが、『マッカートニーⅡ』を聴いたときに、まさしく当時のポールは「意気消沈」していたのではないかと感じてしまったからだった。僕はジョンの言葉を思い出していたのだ。

ひと言でいえば、『マッカートニーⅡ』にはなんともいえぬ深い悲しみがそこここに影を落としているのである。長年ポールの曲を聴いてきた人には、このアルバムの楽曲がポールの他の作品とは大きく異なっていることをはっきりと感じとることができるだろう。

特に『ウォーターフォールズ』、『サマーズ・デイ・ソング』、『ダークルーム』、『ワン・オブ・ディーズ・デイズ』の4曲、そしてインストゥルメンタルの『フロント・パーラー』と『フローズン・ジャップ』に僕はポールの心の闇とでもいえる部分を感じてしまう。曲調は必ずしも暗いものではないが、それは問題ではない。

なぜこんな事が起こってしまったのか?これまでの解釈では、ポールが大麻所持により日本で逮捕、拘留された直後の精神状態がなんらかの形で作品に反映されたのではというのがまあまあ妥当な意見であったと思う。

だが、今回僕がリマスター版『マッカートニーⅡ』を聴いて全く思いもよらず心に浮かんできてしまったこと。それは、「ひょっとすると、ポールは潜在意識の中で数か月も前にジョンの死を予期していたのではないか」ということだった。昔から世界中で親兄弟や愛する人々が亡くなる直前に死を知る、または知らされるということが実際に起こってきたことが報告されている。だとすれば、ジョンとあるいは兄弟以上のつながりを持つポールが意識下で自分でも知らないうちに何か悲劇的な事が起こると感じていたとしても不思議はないと思えてくるのである。そして、それが知らず知らずのうちに作品に反映されてしまったのではないかと。

前述の6曲を仮に死者への葬送曲、または鎮魂歌として聴いてみると、何の変哲もない曲がなんとも不気味に響いてきてしまうから自分でも書いていて少々怖くなってきてしまった。『ダークルーム』なんて気持ち悪すぎるではないか…。

とまあオカルト的極論はこれぐらいにして、『ワン・オブ・ディーズ・デイズ』である。この曲はアルバム発売当時から特に好きな曲で、アルバム全体の中でも1、2を争う名曲、そして秀逸な曲の仕上がりだと思ってきた。なにしろ楽器はほとんどなしといってもよいほどで、アコースティックギターの弾き語りという形を取ってはいるものの、あくまでも主役はかなりエコーを利かせたポールのヴォーカルのみという非常に大胆な構成である。でありながら、最後まで飽きさせずに聴かせてしまうのはやっぱりなんというか、ポールってすごいなと。

そして今回のリマスター化により、曲の完成度がさらにアップしたように思う。

参考:
『マッカートニーⅡ』リマスター日本盤:
『マッカートニーⅡ』スーパー・デラックス・エディション(高いほう)
『マッカートニーⅡ』デラックス・エディション(安いほう)

『マッカートニーⅡ』リマスターUS盤:
『マッカートニーⅡ』デラックス・エディション(高いほう)
『マッカートニーⅡ』スペシャル・エディション(安いほう)


関連記事