FC2ブログ

ポールの曲: 『エヴリ・ナイト(Every Night)』 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » ポールの曲 » ポールの曲: 『エヴリ・ナイト(Every Night)』

ポールの曲: 『エヴリ・ナイト(Every Night)』

Bose MIE2 mobile headset


祝『マッカートニー(McCartney)』リマスター盤発売ということで、今日はアルバムの中でも名曲の一つに数えられる『エヴリ・ナイト』を取り上げてみたい。

この曲で特に気が付くのは、この頃のポールに特徴的な野太いヴォーカルスタイルである。ポール初のソロ・アルバム『マッカートニー』は、ビートルズ解散直前のゴタゴタの中で発売されたいわば曰く付きの作品でもあるわけだが、このアルバムが制作された時期を考えると、少なくとも公的にはビートルズがまだ現役として存続していた時期と重なっており、それがこのアルバムを他にはない特別なものにしているといえる。

つまりこのアルバムで聴けるポールは、まだ「ビートルズのポール」であったときにレコーディングされたアルバムということである。そして、そう考えながらこのアルバムを聴くとき、たしかにビートルズそのままと思えるような音をたくさん拾うことができるし、その中の一つがこの曲『エヴリ・ナイト』で聴けるような野太いヴォーカルなのである。

このすばらしいヴォーカル・パフォーマンスはいわば天才ポールの力技の一つなのだが、残念ながらビートルズ解散後は年を追うごとに鳴りを潜めてしまい、今ではアルバムでもライヴでもほとんど全く聴くことができなくなってしまった。『エヴリ・ナイト』では、ビートルズの『ユー・ネヴァー・ギヴ・ミー・ユア・マネー』ほどではないが、ほどよく抑制をきかせたヴォーカルが光っている。

というわけで、この曲は曲自体もたしかにすばらしいのだが、このポールのヴォーカルがあってこそ120パーセントの輝きを放つ名曲として成立しているというのが僕の見方である。それはリマスター盤のボーナスディスクに収録されているライヴ・バージョンの『エヴリ・ナイト』と聴き比べてみるとよくわかる。中にはこのライヴ・ヴァージョンが好きという人もいるかもしれないが、僕個人としてはライヴ・ヴァージョンは全く機能していないというのが正直な感想である。またポールは過去にこの曲を何度かライヴのセットリストに加えてもいるが、今のところスタジオ・ヴァージョンに匹敵するような歌と演奏は生まれていないと思う。

演奏面では特にビートルズばりに歌うベースと、効果的なアコースティックギターの重ね録りが印象に残る。20代でこれだけの曲を作詞、作曲から演奏、アレンジ、ミキシング、プロデュースまでをたった一人で作り上げてしまうなんて、ポールはなんて凄い人なのだろう(今さらですが・・・)。今回のリマスター化によって、この曲のすばらしさを以前にも増して再認識したファンは多いはずだ。『エヴリ・ナイト』はビートルズの一連の名曲群と並べてみても個人的にはなんの遜色も感じない名曲である。

注)記事では野太いヴォーカルと書いたが、実際に曲を聴き直してみると実はそれほどでもなかった(汗)。だが、僕の記憶(脳裏)には野太いヴォーカルとして焼き付いているのであえて修正はしないでおこうと思う。

参考:
日本盤リマスター:
『マッカートニー』スーパー・デラックス・エディション(高いほう)
『マッカートニー』デラックス・エディション(安いほう)

US盤リマスター:
『マッカートニー』デラックス・エディション(高いほう)
『マッカートニー』スペシャル・エディション(安いほう)



関連記事