FC2ブログ

ソロ・リマスター日記 - 20  『マッカートニー』『マッカートニーⅡ』リマスター盤クイックレビュー - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » ソロ・リマスター日記 » ソロ・リマスター日記 - 20  『マッカートニー』『マッカートニーⅡ』リマスター盤クイックレビュー

ソロ・リマスター日記 - 20  『マッカートニー』『マッカートニーⅡ』リマスター盤クイックレビュー

実はまだ全部をしっかり聴き込んだわけではないのだが、2枚の全体的な印象を簡単にレビューしておこうと思う。実際にはレビューというよりも、個人的な感想に近いものであるのでその辺りを割り引いて参考にしていただければと思う。

まずどちらがよいか?これは圧倒的に『マッカートニー』のほうである。全く期待通り、いやそれ以上の仕上がりで、これまでとは完全に別物のアルバムに生まれ変わったといっても過言ではない。僕にとって『マッカートニー』というアルバムは素材には恵まれているけれども、やはりホーム・レコーディングの域を出ないポールの個人的な作品集という印象が強かった。実際、以前に発売された同アルバムには必要以上のノイズがどうしても聞こえてくるのを避けることはできなかったし、曲によって音のバランスがひどく悪いと感じられるものがあったのも事実である(たとえば『ママ・ミス・アメリカ』後半のリードギターなど)。よく言えば、そのラフなサウンドがこのアルバムの良さであり、味であったとも言えるわけだが、実際にこうしてリマスタリングされた音を聴いてみると、僕はやはりプロの手にかかったサウンドのすばらしさを認めないわけにはいかなくなってくる。アビイ・ロードのリマスターチームはまた一つ大仕事をやり遂げたと思う。

こうして隅々まで磨き上げられて生まれ変わった曲を聴いていると、ポールの底知れぬ才能のすごさに改めて畏敬の念を感じざるをえない。少なくとも僕にとってこのアルバムに収録されているいくつかの曲は、今さらではあるがビートルズの延長線上に位置付けられるほどの価値を持ち始めたのである。そう、作品の仕上がり具合というのは、その曲自体の評価さえも一変しかねないほど重要なファクターになりうるのだ。

あくまでも比較論での話だが、『マッカートニー』に比べると『マッカートニーⅡ』はこちらも予想通りと言うべきか、僕の耳にはそれほど大きなサウンドの変化が感じられない仕上がりとなった。もちろん音圧の変化やバランスの調整など、以前のCDからは大きな進歩ではあることは言うまでもないのだが、正直僕には『マッカートニー』ほどの驚きはなかったといえる。

とはいえ『マッカートニーⅡ』というアルバムはもともと他のポールのアルバムと同列で語ること自体がどうなのか、と考えてしまう部分があるのも事実である。このあたりを書き始めるとまた長くなってしまうので今日はやめにしておくが、要するに『マッカートニーⅡ』という作品はポールの他の作品に比べて音の層がかなり浅いのである(実際にどうかは別として、少なくともそのように聴こえる)。だから、もともと音が浅いのでリマスター化しても、それほど変化が感じられないというわけだ。ビートルズやポールの多くの作品における特徴の一つは、その音の深さにあり、音の階層が深ければ深いほどリマスター化の恩恵を受けることになるのではないかと僕は考えている。この視点からいえば、次なるリマスターリリースと言われている『ラム』と『ヴィーナス・アンド・マース』には当然大きな期待がかかるというわけである。

というわけで、現時点での僕のおススメは『マッカートニー』である。あとボーナスディスクには過度の期待はしないほうがよろしいです。

日本盤リマスターまとめ:
『マッカートニー』スーパー・デラックス・エディション(高いほう)
『マッカートニー』デラックス・エディション(安いほう)

『マッカートニーⅡ』スーパー・デラックス・エディション(高いほう)
『マッカートニーⅡ』デラックス・エディション(安いほう)

US盤リマスターまとめ:
『マッカートニー』デラックス・エディション(高いほう)
『マッカートニー』スペシャル・エディション(安いほう)
『マッカートニー』アナログ盤(LP)

『マッカートニーⅡ』デラックス・エディション(高いほう)
『マッカートニーⅡ』スペシャル・エディション(安いほう)
『マッカートニーⅡ』アナログ盤(LP)


関連記事