FC2ブログ

ソロ・リマスター日記 - 15  マッカートニー・アー​カイブ・コレクション​の全貌(未確認情報) - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » ソロ・リマスター日記 » ソロ・リマスター日記 - 15  マッカートニー・アー​カイブ・コレクション​の全貌(未確認情報)

ソロ・リマスター日記 - 15  マッカートニー・アー​カイブ・コレクション​の全貌(未確認情報)

すかいらーく通販ストア


あくまでも非公式な情報であることをお断りした上で、ポールのアーカイヴ・コレクションの最新情報をお届けする。情報の真偽については未確認なので自己判断でお願いします。

今回の情報はポール・マッカートニー・アーカイヴ・コレクションの全貌について伝えるもので、その壮大なスケールと予想以上のすばらしい内容に僕は思わず「オー!」と唸ってしまったほどである。これが現実になったとしたら、本当にすごいことになるだろう。

まず、この情報はアーカイブ・コレクションが2010年から2016年までの約7年間で完結するものと報じている。それだけでもそのスケールの大きさが伺えようかというものだが、その内容は(この情報が正しいとすれば)ファンを満足させるに十分なものであると僕は断言したい。

まずオリジナル・アルバムについては、全てボーナスCDが1枚~3枚、ボーナスDVDが1枚~2枚は付属する予定。形式は6月のリリースと同じくブックレット付きのデラックス・エディション(日本盤ではスーパー・デラックス・エディション)と、廉価盤のスペシャル・エディション(日本盤ではデラックス・エディション)が中心になる。

ただ全ての情報を載せるとかなりの量になるし、かえってわかりにくいので、コレクションの中心となるポールのオリジナルアルバムはひとまず脇に置いておくとして(これだけでものすごいボリュームなのだが)、それ以外でリリースが予定されているものだけを今回はピックアップして紹介しておこうと思う。これがかなりヨダレものなのである。

タイトル未定:ウイングス 1979年のライヴ(CD&DVD)
Choba B CCCP +『プリンス・トラスト・コンサート』(CD&DVD)
“McGear”(ポールの弟マイク・マッカートニーのアルバム)
“Holly Days”(デニー・レインのアルバム)
ザ・ファイアーマンVol.1&2
『ウーブ・ジューブ』(ポールがDJを務めた伝説のラジオ特番)
『リバプール・サウンド・コラージュ』
リンダ・マッカートニー 『ワイド・プレイリー』
『リバプール・オラトリオ』
『スタンディング・ストーン』
『ワーキング・クラシカル』
『エッケ・コルメウム』

おなじみのタイトル以外にも、ポールがプロデュースした弟マイクやデニー・レイン、リンダのソロアルバムまでもがラインナップに上がっているのは驚きである。

そして、さらにすごいのが以下である。
『ザ・スタジオ・アウトテイク1970~1989』(CD4枚組)
『ザ・スタジオ・アウトテイク1990~2014』(CD4枚組)

『ザ・ルード・スタジオ・レコーディングス1970~1997』(CD4枚組)
※ラフなスタジオレコーディング集と思われる。

『デモ録音集1960~1979』(CD4枚組)
『デモ録音集1980~2016』(CD4枚組)

『レア・ライヴ・レコーディング、サウンドチェック、リハーサル集』(CD4枚組)

さらにさらに、ビートルズ時代を含む多くの未発表写真集が数冊に分けて発売される可能性もあるとのこと。

どうだこれでもか、とでも言わんばかりのボリュームである(これでもまだ全部ではないらしい)。特に『ザ・スタジオ・アウトテイク』以降の内容とボリュームには僕は腰を抜かしそうになった。まさにポール版アンソロジーとでも言えるもので、本当にこれらすべてを集めれば偉大なるポール・マッカートニーの実像にファンはこれまで以上に迫ることが可能となるであろう。『デモ録音集』にはなんとビートルズデビュー以前のものまで含まれるというのだから、『ポール・マッカートニー・アーカイヴ・コレクション』とは誇張でもなんでもなく、真の意味でのポールの網羅的な全作品集となることはほぼまちがいないと思えてくる。ただしこの情報が正しかったら、の話であるが…。

しかし、1ファンとしては何よりもこれらの情報が完全に実現することを信じたいし、また2016年までは絶対に死ねないと思うのである(笑)。あと貯金もしなくてはね。1日100円アーカイブ貯金するかな…。

というわけで、もしこの情報が正しければ、オリジナル・アルバムのボーナスCDにはあくまでも作品としてある程度完成されたものを中心に収録されることが判明した、ということになる。やはりポールは山ほどデモやアウトテイクを所蔵していたのである。キャー、しびれる~~!

実は、アマゾンのサイトには不可思議なことに『ラン・デヴィル・ラン』、『ドライヴィング・レイン』そして『ケイオス・アンド・クリエーション~』の再発情報(6月発売:輸入盤のみ)が掲載されていたことを僕は知っていた(オリジナルCD単体のみ)。「この時期にボーナスCDを付けることもなく、純粋にオリジナルCDのみを再発とはどういうことなのか?」僕は非常に理解に苦しんでいたのだが、これらのCDのボーナス付きリマスター盤発売は2014年まで待たねばならず、そのギャップを埋めるために、ひとまずこの6月に単体での再発がされるという説明がされている。う~ん、なんとなく理解できなくもない。

というわけで、上記3枚(リマスター盤か否かは不明)の再発情報を含めて以下にまとめておこう。
『ラン・デヴィル・ラン』(再発:US盤)
『ドライヴィング・レイン』(再発:US盤)
『ケイオス・アンド・クリエーション・イン・ザ・バックヤード』(再発:US盤)

日本盤リマスターまとめ:
『マッカートニー』スーパー・デラックス・エディション(高いほう)
『マッカートニー』デラックス・エディション(安いほう)

『マッカートニーⅡ』スーパー・デラックス・エディション(高いほう)
『マッカートニーⅡ』デラックス・エディション(安いほう)

US盤リマスターまとめ:
『マッカートニー』デラックス・エディション(高いほう)
『マッカートニー』スペシャル・エディション(安いほう)
『マッカートニー』アナログ盤(LP)

『マッカートニーⅡ』デラックス・エディション(高いほう)
『マッカートニーⅡ』スペシャル・エディション(安いほう)
『マッカートニーⅡ』アナログ盤(LP)


関連記事