FC2ブログ

ポールの名演: 『ヘイ・ブルドッグ(Hey Bulldog)』 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » ポールの演奏、名演 » ポールの名演: 『ヘイ・ブルドッグ(Hey Bulldog)』

ポールの名演: 『ヘイ・ブルドッグ(Hey Bulldog)』




ビートルズのオリジナル・アルバムの中では最もマイナーといえる『イエロー・サブマリン』に収録されているためか、僕は昔から『ヘイ・ブルドッグ』はその出来の割に評価がかなり低い曲だと思ってきた。もしこの曲が同時期に発表された『ホワイト・アルバム』やシングルのB面に収録されていたならば、この曲はもっともっと高い評価を得ることができたのではないかと思うのである。逆にいえば隠れた名曲のひとつでもあり、ビートルズを本気で聴き込んでいった人のみが発見することのできるお宝ともいえるかもしれない。

曲自体はジョンがほぼ即興に近い形で作った曲と言われている。こんなにもいい曲を即興で作ってしまうなんて、やはりジョンは天才である。がしかし、この曲が並のヴォーカル、並の演奏、並のアレンジで作られていたならば、曲の輝きは半減してしまったにちがいない。『ヘイ・ブルドッグ』が名曲たる所以は、1に“ポールのベース”、2に“ジョンとポールの遊び心たっぷりのヴォーカル”、3に“ソリッドなギタープレイ”、4に“すばらしいアレンジ”だと僕は思っている。

特にポールの弾くベースはすばらしいの一言で、僕はこの曲のベースプレイを聴くたびに鳥肌が立つ思いがするのである。もっともこれはポールに心酔する僕のようなファンだからこその意見であって、ベースが前に出過ぎているとか、不必要に弾き過ぎだとかの意見もひょっとしたらあるのかもしれない。実際ベースが前面に押し出されているという意味では、おそらくこの曲はビートルズの中でも1、2を争う曲なのではないだろうか。

とにかく最初から最後までベースがうなりまくっている。その乗りのよさ、センスのよさはハンパではない。ポールのプロフェッショナルな一面を強く印象付ける演奏で、僕はそこになにかしら尋常ならざるものを感じて仕方がないのである。特に後半部のアドリブを交えた余裕たっぷりの弾きっぷりには凡人はただただひれ伏すのみだ。

もう一つ忘れてはならないのが、間奏部のギンギンにワイルドなギター演奏である。このギターを誰が弾いているのかは諸説あるらしいのだが、主にジョージが弾いている説とポールが弾いている説とに分かれるようだ。ビートルズのギター演奏でいいのがあると、きまってポールではないかとの憶測が流れるし、事実そういうケースも多いのであるが、この曲までベース、ギターとポールがいいとこ取りというのはさすがの僕もちょっと不公平という気がしてしまう。ので、ギターはジョージということにしておきたい。こちらも非常にクリエイティブで印象的な名演だと思う。

参考:

イエロー・サブマリン(アルバム)
ヘイ・ブルドッグ(iTunes)
icon

※姉妹ブログ 「生きているだけでめでたい」 もよろしくお願いします

関連記事