FC2ブログ

ポールの曲: “Let Me Roll It(レット・ミー・ロール・イット)” - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » ポールの曲 » ポールの曲: “Let Me Roll It(レット・ミー・ロール・イット)”

ポールの曲: “Let Me Roll It(レット・ミー・ロール・イット)”

DMM.com 動画


『レット・ミー・ロール・イット』は、リマスター版アルバム『バンド・オン・ザ・ラン』の中で、個人的には最も評価が跳ね上がった曲である。だがそもそも昔から僕はこの曲があまり好きではなかった。どれくらい好きではなかったかというと、それはポールがもう長い間この曲をライブの定番に入れていることに不満さえ感じていたほどだった。

もちろん露骨に「キライ」と言うほどこの曲は悪い曲ではない。いや、ソロ期の作品の中ではどちらかといえば名曲の部類に入るだろう。だがとにかくこの曲の良さを認めながらも、今一つ好きになり切れない自分がいたのは紛れもない事実だった。

だいたいもしライブでこの曲をやるのだとしたら、ポールはベースを弾きながら歌うべきではないのか?ここにも僕の不満があった。なぜならポールの膨大なソロ作品の中でも、『レット・ミー・ロール・イット』は有数のベースが主役となり得る曲のひとつだと思うからだ。ギターのパートは他のメンバーに任せ、あの深いベースを、あのまるで語りかけてくるようなベースをライブで再現してほしいと思うのだ。どうせ、あの曲をやるのならば…。

しかし、リマスター版『レット・ミー・ロール・イット』のイントロを聴いた瞬間、僕のこの曲に対する評価はいとも簡単に一変してしまった。ベース、キーボード、ギターのイントロだけで完全に昇天である。明らかに以前の曲の感じとは違う。出だしがいかなる隙もなくピタッ!と決まっているのだ。これはアルバム全体についても言えることだが、いくつかの曲で出だしの微妙なグズグズ感が解消されて各楽曲の完成度が増したように思う。新しい時代の『バンド・オン・ザ・ラン』である。

今僕が思うのは、『レット・ミー・ロール・イット』はビートルズのどの名曲と並べても全く遜色のないすばらしい曲ということだ。そして、何年経っても『バンド・オン・ザ・ラン』がポールの歴代No.1アルバムに挙げられる最大の理由は、その収録曲のレベルの高さに尽きるのではないかと思う。

すなわち
『バンド・オン・ザ・ラン』
『ジェット』
『ミセス・ヴァンデビルト』
『レット・ミー・ロール・イット』
『西暦1985年』

上記5曲はビートルズの新曲としてもなんの不思議もないほどの不滅の完成度を誇っているのである(もちろん人によって曲に対する評価は違うだろうが)。ポール馬鹿としてあえて言わせてもらおう。「ビートルズは終わっていなかったのだ」

参考:バンド・オン・ザ・ラン デラックス・エディション(完全限定生産盤)(DVD付)


関連記事