FC2ブログ

ポールの伝記: “FAB: An Intimate Life of Paul McCartney” - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » ポールの本 » ポールの伝記: “FAB: An Intimate Life of Paul McCartney”

ポールの伝記: “FAB: An Intimate Life of Paul McCartney”

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト

僕はビートルズやポールに関する伝記の類いをほとんど買ったことがない。なぜなら、それらは普通、純粋に読み物としてあまり面白くないからである。それに屁理屈に聞こえるかもしれないが、僕は彼らの“音楽”が好きなのであって、はっきり言って彼らの生い立ちや、個人的な人間関係や、恋愛や、結婚生活、その他もろもろの人生記録に特別興味があるわけではない(もちろん少しは興味はあるが…)。少なくとも僕自身は好きになったアーティストの個人的な生活を含めたすべてが知りたい、といった類いのファンではないのである。しかも、本人以外の第三者が書く伝記であればなおさらのこと、そこに書かれている内容の真偽は確かめようがなく、どこまで信じていいものかはわかったものではないという問題もある。

そんなわけで、僕は基本的にポール自身によって語られた言葉しか信用しないことにしているのだ。つまり第三者によって書かれた伝記などよりは、ポール自身によるインタビューのほうがよほど面白いし、価値があると思っている。ただ厳密にいえば、そこにさえも落とし穴があるのだが…。たとえば、ビートルズ・アンソロジーでジョン、ポール、ジョージ、リンゴ本人が同じ出来事について語った言葉でさえも、人によってかなりニュアンスが違って語られていたり、場合によっては全く正反対な解釈がされていたりするような事が起こっている。その上人間の記憶というのは実に当てにならないものだから、真実はますます霧の中ということになったりするのである。

なんでこんなことを言いだしたのかというと、ポールの比較的新しい伝記本(2010年10月発売)を見つけたからである。

B82537068Z.jpg

本のタイトルは“FAB: An Intimate Life of Paul McCartney”。著者はHoward Sounes。本文562ページ。16ページに渡り珍しい写真が挿入されているらしい。今のところ日本語訳版はなく英書でのみで購入可能ということだが、アメリカのアマゾンを覗いてみたら、かなり好意的なレビューが掲載されていた。ちなみに日本のアマゾンでも購入可能である(今のところハードカバーのみ。ペイパーバックは来年7月発売予定とのこと)。本のボリュームの割には手ごろな値段設定となっているから、気になる方は購入を検討されるとよろしいかと思う。僕も写真だけは見てみたいのだが、うちの近くの書店には絶対に置いていないだろうな…。

最後に第三者とはいえ、非常にビートルズに近しい関係者が書いた本の中で昔からずっと気になっている本2冊を紹介しておこう。いずれもファンの間では極めて評価の高い本である。

1冊目はご存じ御大ジョージ・マーティンが1995年に出版した本『ビートルズ・サウンドを創った男―耳こそはすべて 』。残念ながら日本語訳は絶版となっているようで、中古でも5000円前後とかなり高価である。ただし英語のペイパーバック版なら今でも新品で通常価格で購入が可能だ。

もう1冊はビートルズのレコーディング・エンジニアのジェフ・エメリックが書いた『ザ・ビートルズ・サウンド 最後の真実 』。こちらも値段は少々お高いがまだ日本語訳の在庫はある模様。分量も595ページとかなり読みごたえがありそうだ。

上記いずれもファンならば必読の本と思っているのだが、小生恥ずかしながら未読である。もし読んだ方がいれば感想等をお聞かせくださいませませ。

※マーク・ルーイスン著の『ザ・ビートルズ レコーディング・セッションズ完全版』もブログ読者からの評価が高いので、下記参考書籍に追記しました(値段も旧版より安くなっている)。

参考:
Fab: An Intimate Life of Paul McCartney [ハードカバー]
Fab: An Intimate Life of Paul McCartney [ペーパーバック] (予約のみ)
ビートルズ・サウンドを創った男―耳こそはすべて
ザ・ビートルズ・サウンド 最後の真実 <新装版>
ザ・ビートルズ レコーディング・セッションズ完全版

関連記事