FC2ブログ

ポールの曲 “Here There and Everywhere(ヒア・ゼア・アンド・エブリホエア)” - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » ポールの曲 » ポールの曲 “Here There and Everywhere(ヒア・ゼア・アンド・エブリホエア)”

ポールの曲 “Here There and Everywhere(ヒア・ゼア・アンド・エブリホエア)”

「ヒア・ゼア・アンド・エブリホエア」はシングル・カットされていないポールの曲の中で、おそらく最も有名な作品のひとつに挙げられると思う。

その最も大きな理由はやはりメロディーの美しさだろう。

だが、曲自体の美しさもさることながら、ことこの曲に関してはプロデューサであるジョージ・マーティンの手腕を決して見逃すわけにはいかない。
アルバム「リボルバー」に収録されているオリジナルヴァージョンを聴くたびに、僕はそのプロデュースの素晴らしさに思わずため息をついてしまう。

その完成度の高さはまさに極限とさえ思えるほどで、おそらく2度と再現は不可能だろう。まずリードヴォーカルのポールの声が尋常ではない。ポールはビートルズ時代に変幻自在のヴォーカルを数多く披露しているが、この曲で見せるような甘くせつないヴォーカルは2度と再び聴かれることはなかった。

アンソロジーを聴いていても思ったものだが、ビートルズの名だたる名曲もデモや初期のテイクでは意外なほどあっけなく、ありきたりの曲に聴こえたものだ。たしかにビートルズの作る曲はすばらしかったが、それはあくまでダイヤの原石であり、その秘めたる輝きを100%引き出したのが名プロデューサ、ジョージ・マーティンだったのだと思う。

おそらくそれは成功した例もあり、それほど成功していない例もあっただろう。だが、この「ヒア・ゼア・アンド・エブリホエア」に関しては、まちがいなくプロデュースの妙が原曲のすばらしさを200%引き出した典型的な例だと思う。

実際この曲はポール自身もたいへんなお気に入りであり、ライヴでも幾度となく取り上げられているのだが、ヴォーカルだけの比較をしてみると、とてもオリジナルとは似ても似つかないことに気が付く。
ライヴはライヴなりに味があるのだが、いかんせんオリジナルの完成度が高すぎると思わざるをえないのだ。

そういえばポールのニューアルバムに収録されている“Fine Line”のヴォーカルも全盛期を彷彿とさせるものがあった。安心して聴ける仕上がりとなっているのは、やはりプロデューサのナイジェル・ゴドリッチの力によるところが大きいのではないだろうか。



関連記事