FC2ブログ

ジョン・レノン・ミュージアムの思い出 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » ジョン・レノン » ジョン・レノン・ミュージアムの思い出

ジョン・レノン・ミュージアムの思い出

世界でも珍しいジョン・レノンの公式博物館であり、ヨーコさんも公認のジョン・レノン・ミュージアムが9月30日に閉館してしまった。理由は表向きはヨーコさんとのライセンス契約満了によるもの、となってはいるが、実際は来場者数減少により採算が合わなくなったためではないかと思われる(個人的推測です)。

僕は自分がこのミュージアムのある埼玉県に住んでいることもあり、過去に一度だけ友人のWさんと二人でこのレノン・ミュージアムを訪れたことがある。今から考えると、もしこのときWさんから誘われなければ、僕は一度もレノン・ミュージアムには行かなかったかもしれない。というのも、当時から僕はその入館料(大人1,500円)が高すぎると感じていたし、元々博物館とか美術館といった類いにはあまり興味がなかったからである。それがたとえジョン・レノンの博物館としてもである。

ただ、これがもしポール・マッカートニー・ミュージアムだとしたら、僕は迷わず足を運んでいただろう。つまり、僕のポールとジョンに対する思い入れには最初からそれくらいの開きがあるということになる。やはり僕は根っからのポール派なのである。

さて、このレノン・ミュージアムはさいたまスーパーアリーナという巨大イベント/スポーツ施設の一部にかなりの広いスペースを割いて作られていた。白を基調としたこのミュージアムはとても美しく、そして清潔で凛とした静かな印象を強く残す場所であった。そこはヨーコさんの意思が強く反映された、極めて特別な場所であることがすぐに見て取れた。そして、僕はジョンの公式博物館として、ここは世界中の誰に見せても恥ずかしくない完璧な施設と思ったものだ。僕はヨーコさんと同じ日本人であることに誇りさえ感じたのだった。

そこはヨーコさん自身が特別に日本のファンたちのために用意した、ジョンと彼の家族に関するプライベートな品の数々で占められていた。それらはどれも貴重な品ばかりだったが、僕が最も印象に残ったものが2つある。

一つは、ジョンがミミおばさんに初めて買ってもらったというアコースティック・ギター。僕の記憶にまちがいがなければ、それはポールと初めて出会った教会でのコンサートでも使われたギターである。そのギターを遠くから見た瞬間、友人と二人でそのギターの前に思わず走り寄ってしまったことが昨日のことのように思いだされる(笑)。

そしてもう一つはあのサージェント・ペパーズの撮影で使用された黄色のミリタリー・スーツである。あの歴史的な衣装が、実際に目の前で見れるなどとは僕はそのときまで予想もしていなかったのだが、それをかつてジョンが本当に身にまとっていたと考えるだけで僕は軽い目まいを起こしそうになった。そして、それはちょっぴり小さく見えた。

ヨーコさんの全面協力があってこそ実現した、世界に一つしかない正真正銘のレノン・ミュージアム。それがついに日本から姿を消してしまったことが、僕には残念でならない。なぜなら、今でも日本には僕などは足元にも及ばないほどジョンを愛する人々がたくさんいるからだ。だから、たとえ規模は小さくとも、ミュージアム自体を存続させることはいくらでも可能であったはず、と思えるのである。僕が訪れた当時から感じていたことは、そこは少々広すぎる(コストがかかりすぎる)ということと、入場料が高すぎる、ということだった。もう少し施設を小さくして都内の静かな場所に移転し、入館料を800円くらいに抑えれば、リピーターはわんさか訪れたのではないだろうか、などと思ったりするのである。

レノン・ミュージアムはなくなってしまったが、これからも何らかの形でジョンの魂が日本の地で生き続けることを祈りたい。Thank you John. Thank you Yoko.

※ブログランキングに参加しました。当ブログを応援してくださる方はクリックをお願いいたします。

関連記事