FC2ブログ

ポールの音楽は世界を癒す? - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » ポールのニュース » ポールの音楽は世界を癒す?

ポールの音楽は世界を癒す?

最近のCNNとのインタビューで、ポールが珍しく音楽と癒しについて語っていたので、その一部を抜粋してお届けする。

「とても幸せなことに、人々は僕のところへ来てこう言うんだよ。『あなたの音楽のおかげでさまざまな困難を生き抜くことができました』ってね。それってある意味すごい事だよね。」

「最近もこんな話を聞いたんだ。ずっと昏睡状態にあった男性が『ヘイ・ジュード』がラジオから流れた瞬間に意識を取り戻してね。『ああ、ヘイ・ジュードだ!』って言ったって。」

「僕がそれを聞いてどんな気持ちになるかは、きっと想像してもらえると思う。それはとても感動的だし、嬉しいことだよ。ただ、もっとすごいことは、僕自身がそれをどうやってやるのかを知らないことだね。」

「リバプールから一人の少年が出て来た。ただお金が欲しくて、仕事が欲しくてあるグループに入った。そしたら、いつの間にか自分たちがやっていることが人々に届き始めて、他のミュージシャンたちが自分たちの曲をカバーするようになっていた…。そして、ついに最高に報われる時がやってきたんだ。実際に自分の曲が人々の身体を癒してるっていうんだからね。」(インタビューここまで)


「癒し」(ヒーリング)という言葉は比較的新しい言葉だ(2~30年前まではほとんど使われなかったと思う)。だが、実は僕はこの言葉があまり好きではない。「~に癒された」「~さんは癒し系だ」などなど。気持ちはわかるのだが、この言葉を使う人間の心理の根底に、自分は癒されてない(自分は傷ついている)。だから癒されたい、いやされたい~、イヤサレタイ~~という一種の叫びにも似た感情を感じ取ってしまうからだ。

自分は傷ついているという被害者意識、甘えの意識の裏返しが癒しを求める姿勢にはつながっていないだろうか?などどひねくれ者の僕は考えてしまうわけだ。ま、あくまでも個人的意見です(笑)。

だが、実は人生とは傷つくことの連続であると言っても過言ではない。そもそも傷つかない人生などあり得ないのだ。傷ついているのはあなただけではないし、私だけでもない。だから傷つく、傷ついたなどと声高に言えば言うほど、それは「私は甘えた人間です。私は人生をナメてます。」と言っているようにしか聞こえないのである。

おっと、屁理屈はこのぐらいにして、音楽を聴いて元気になったとか、勇気をもらったとか、癒された気分になった、というようなことは日常的にごく普通に起こっていることだと思う。僕自身、ポールやビートルズの音楽にこれまでどれだけ元気づけられてきたかしれない。それはポールにどんなに感謝しても感謝しきれないほどのものがある。しかし、それでも僕個人はポールの音楽は基本的に癒しの音楽(ヒーリング・ミュージック)とは少し違うと思っている。

たしかにポールの膨大なレパートリーの中には、純粋に癒し系の音楽と言い切ってもいいような曲もかなりある。個人的には『マザー・ネイチャーズ・サン』、『アイ・ウィル』、『サムデイズ』、『ジャンク』、『ソー・バッド』などの曲は極めて癒し効果の高い楽曲に数えられると思っている。だが、それでも僕個人の意見では、ポールの音楽は癒しの音楽というよりも、やはり元気をもらえる音楽、気持ちが明るくなる音楽という思いのほうが強い。とにかくどこまでも底抜けに明るくポジティブな波長、それがポール・マッカートニーの音楽の真髄と僕は思っているのである。そして実際、ポールの音楽が癒しという観点から語られたことは今までほとんどなかったのだが、これからはひょっとしたらビートルズやポールの音楽が何かのヒーリングに使われるようなことも、案外あり得るのかもしれない、なんて。
※ブログランキングに参加しました。当ブログを応援してくださる方はクリックをお願いいたします。

関連記事