FC2ブログ

僕の好きな曲:“All You Get From Love Is A Love Song(二人のラヴ・ソング)” by カーペンターズ - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » 僕の好きな曲 » 僕の好きな曲:“All You Get From Love Is A Love Song(二人のラヴ・ソング)” by カーペンターズ

僕の好きな曲:“All You Get From Love Is A Love Song(二人のラヴ・ソング)” by カーペンターズ




1970年代にポップスの王道ともいえる作品を次々と発表し続けたカーペンターズ。その存在はビートルズとはまた違った次元で僕の心の中に深く深く刻み込まれている。まさにポップス界における唯一無二のスーパーデュオである。カレン・カーペンターがこの世を去ってから(1983年)早や27年という年月が過ぎ去ったが、未だに彼らに代わるようなグループ、デュオは現れていないと思う。

好きな曲といえば、それこそ枚挙にいとまがない。永遠の名曲“イエスタデイ・ワンス・モア”を筆頭に、“オンリー・イエスタデイ”、“雨の日と日曜日は”、“スーパースター”、“トップ・オブ・ザ・ワールド”、“シング”、“マスカレード”、“見つめあう恋”、“遥かなる影”、“愛のプレリュード”、“プリーズ・ミスター・ポストマン”などなど…。まだまだある。

だが、これらきら星のごときカーペンターズの曲の中で最も好きな曲をただ1曲だけ選べと言われたなら、すべての名曲群を押しのけて僕が選びたい曲があるのだ。それがこの“二人のラヴ・ソング”なのである。

僕は長い間この曲はカーペンターズの作品の中でその出来の割に評価が不当に低く、また軽視されている曲であると思い続けてきた。アメリカ・ビルボード誌でのシングルチャートでも最高位は35位と、小ヒットに終わっている。考えてみると、この曲はカーペンターズ後期の失敗作といわれる『パッセージ』というアルバムに収録されていたことがそもそもケチのつけ始めであったのかもしれない。ただ『パッセージ』は今聴いてもけっして悪い出来のアルバムではない。カーペンターズの他のアルバムと比べても完成度は高いほうだと思うし、百歩譲ったとしても絶対に失敗作などではなく、意欲作と呼ぶのがふさわしい作品だと思うのだ。

それは、ポールでいえば『プレス・トゥ・プレイ』のようなアルバムなのかもしれない。大衆がカーペンターズに求めていたもの。それはどこまでも明るく、誰にでも簡単に口ずさめるように軽快で、お手本のようなポップスだったのだろう。その大衆の期待を見事に裏切ってしまったがために『パッセージ』は失敗作というレッテルを貼られ、ショックを受けたカレンとリチャードは二度と再びスランプから立ち直ることはできなかったのだった。

だが僕に言わせれば、それは彼らが真にクリエイティブなアーティストであったことを示す貴重な記録である。彼らはある意味大衆からそっぽを向かれながらも最後まで自分たちのやりたいことをやり切ったのだ。彼らの後期のアルバム2枚、『パッセージ』と『メイド・イン・アメリカ』は今も僕の大のお気に入りである。

さて話を“二人のラヴ・ソング”に戻そう。
そんなわけで、いわゆるカーペンターズらしくない『パッセージ』というアルバムの中にあって、これぞまさしくカーペンターズの王道ポップスと言い切ってよい作品がこの“二人のラヴ・ソング”なのである。まさに全盛期を彷彿とさせるメロディーとコーラス、そしてすばらしいアレンジ。中間部のサックスソロなどは何度聴いても惚れ惚れしてしまう…。この曲が全米のトップ10に入らなかったのが不思議で仕方がない。(たとえば皆さん、過去1年間に聴いた曲の中でこれよりいい曲がありますか?)

だがしかし、カーペンターズの曲は実は僕たちが想像するほどリアルタイムではヒットはしていないのである。それに、彼らの曲は特別我々日本人にとって相性がよかったということもあるようなのだ。が、これについて書くと長くなりそうなので、また時を改めたいと思う。とにかくカーペンターズ万歳!


参考:
パッセージ
メイド・イン・アメリカ

関連記事