FC2ブログ

ローレンス・ジューバー - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » その他ポールの話題 » ローレンス・ジューバー

ローレンス・ジューバー

ローレンス・ジューバーと聞いてピンと来る人は相当なポールファンである。
なぜなら、彼は歴代のウイングスのギタリストの一人であるが、その在籍期間中に発表されたアルバムはたったの1枚“Back to the Egg”しかないからである。

そのローレンス・ジューバーが、ポールのイベントがらみでアコースティックギターのショーを行なうという記事を見つけた。
そのイベントとは、“Each One Believing:The Tour”というポールのツアーを記録した写真展。
今回その写真展がサンフランシスコで行なわれることになり、ポールのサイン入りの写真を購入した人は無料でローレンス・ジューバーのショーに招待されるのだそうだ。
おそらくチャリティーがらみの写真展と思われるので、ポールのサイン入りとなると相当高額になると思われるのだが…。

ウイングス在籍時にも、そして脱退後も全く知らなかったのだが、このローレンス・ジューバーという人は世界でも屈指の技巧派ギタリストなのだという。
そんなにすごいギタリストならば、ウイングスのアルバムでももっとその腕を披露してもらいたかったと思うのだが、“Back to the Egg”のどこを聴いても、それらしいプレイは見当たらない。
唯一同時期にシングル発売された“Goodnight Tonight”の中間部のアコースティックソロだけが、スーパーギタリストの片鱗を覗かせたプレイと言えるだろうか。

そういえば、過去にポールと共演したスーパープレイヤーたちの演奏を聴いてみても、わざわざ彼らを起用するほどのことはなかったのでは??と思えることが多い。(“Tug of War”のスタンリー・クラークやスティーブ・ガッドetc.)
現在のポール・マッカートニーバンドのギタリスト2人も、超一流との評価がされているにもかかわらず、派手なプレイは敢えて控えているように感じられる。
きっとポールのバックに徹しているのだろう。
やはり御大ポールを前にして、思い切ったプレイをするのはなかなか難しいことなのかもしれない。

そんなわけで、ウイングス脱退後もますます活躍の場を広げ、確固たる地位を築いていたローレンス・ジューバーさん。
ちゃんと公式ホームページもあるし http://www.laurencejuber.com/ 、アルバムも10枚以上発表していた。
そんな彼が今もポールと関係のあるイベントに参加するというのは非常に嬉しい知らせである。
ひょっとすると近い将来ポールとの再共演が実現するのかもしれない。

LJ Plays the Beatles LJ Plays the Beatles
Laurence Juber (2000/06/13)
Solid Air
この商品の詳細を見る
関連記事