FC2ブログ

ポールのビートルズ愛 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » その他ポールの話題 » ポールのビートルズ愛

ポールのビートルズ愛




3/28からポールの新しいツアー(Up And Coming Tour)が始まるというので、改めてシティ・フィールドのライブDVDを見直してみた。

今さらながら驚いたのはその完成度の高さである。実はこのDVDを購入した当時、演奏曲目がこれまでのコンサートで定番となっている曲が大半であったために、あまりマジメには観ていなかったのである(恥)。しかし、今回は見始めたら席を全く立てなくなってしまった。

恐るべきことに、ポールと彼のバンドはさらなる進化を遂げていたのである。彼らのコンサートは単なるロックライブの枠を超え、一つのショーとしてすでに完成の域に達している。僕は今までポールのライブといえば映画「ロック・ショー」に代表される70年代後半のウイングスが最高だと思い続けてきたのだが、シティ・フィールドのライブはそれをついに超えたと断言したい。67才になっても疲れを知らぬポールのパフォーマンスはまさに現代の奇跡。2時間以上休まずに歌い続けて、さらにこれでもかと「ヘルター・スケルター」を完璧に歌いこなすポールに、僕はただあきれるしかなかったのであった。

そんなポールのライブは、それこそ極上のエンターテイメント・ショーといえるものだが、僕のようなオールドファンには涙なしには観れない場面がいくつかあるのもまた事実だ。ポールはけっして大切な人たちを忘れない。彼のコンサートには、必ずリンダ、ジョン、そしてジョージをファンと共に追悼する瞬間が含まれている。このシティ・フィールドのライブでもリンダには「マイ・ラヴ」を、ジョンには「ヒア・トゥデイ」と「ア・デイ・イン・ザ・ライフ~ギヴ・ピース・ア・チャンス」を、そしてジョージには「サムシング」を捧げている。

ポールのビートルズ愛は深い。それは海の底よりも深いのである。中でも今回特に僕の胸を打ったのは、ポールのジョージに対する深い友情であった。僕は長い間、ビートルズ解散後ポールとジョージは仲が悪いのだろうと思っていた。仲が悪いとは言わずとも、少なくともお互いに好きではないのだろうと思っていた。

だが今になって思うのは、2人の関係は傍から見るほどきっと悪いものではなかったのだろうということだ。つまり彼らの関係は実際の兄弟、もしくはそれ以上に親密なものだったのではなかったのかと。少なくともポールの側からすればジョージはやんちゃだけれどかわいくて仕方がない弟のような存在であったにちがいない。そして、そのことはポールのこれまでのジョージに対する種々の発言や、ジョージの死の直前に2人の間で起こったこと、コンサートでジョージからもらったウクレレを大事そうに弾いていることなどからもわかる。ただジョージの側で、弟が兄に対して抱くような少しやっかみにも似た複雑な感情があっただけなのではないだろうか。

もちろんこれらはすべて僕の勝手な想像であり、本当のところはどうだったのかはわからない。だが、ポールが「サムシング」を歌っているときにバックで流される写真の何枚かを見ているだけで、僕はただ心に温かいものを感じ、涙が自然と湧き上がってくるのを抑えることができなかったのである。たとえ過去に何があったにせよ、ジョージの魂は今このときに深い癒しを経験しているにちがいない。

ポールのビートルズ愛は深い。時は流れゆき、ジョンとジョージはもうこの世にはいないが、ポールが2010年の今現在も奇跡的な活躍を続けられているのは、きっとあの世から2人の強力な後押しがあるからにちがいないのだと思う。でなければ、あんなショーを続けることは不可能だ。そして、その奇跡を目撃し続けている僕たちもまた幸運である。生きているだけでめでたい、サー・ポール万歳!

参考:“グッド・イヴニング・ニューヨーク・シティ

51aOOfCP2B7L.jpg

関連記事