FC2ブログ

ポールのアルバム: McCartney II(マッカートニーII) - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » ポールのアルバム » ポールのアルバム: McCartney II(マッカートニーII)

ポールのアルバム: McCartney II(マッカートニーII)




1980年に発売されたポールのソロアルバム“McCartney II(マッカートニーII)”は、個人的に聴く回数が最も少ないアルバムのひとつになってしまうかもしれない。

当時を思い返すと、1978年の「ロンドン・タウン」、1979年の「バック・トゥー・ジ・エッグ」と2枚連続で全米No.1を逃していたポールの活躍ぶりに僕は少なからずフラストレーションを感じていた。

ビートルズ解散後、紆余曲折を経ながらもウイングスをトップバンドに育て上げ、1973年の「レッド・ローズ・スピードウェイ」から1977年の「ウイングス・オーヴァー・アメリカ(旧題:ウイングスU.S.A.ライブ!」まで5枚連続でアルバムを全米No.1に送り込んでいたポール。

残念ながら、僕はポールのソロ活動(ウイングス)における全盛期(1973年~1977年頃)をリアルタイムで体験してはいない。それというのも、僕がビートルズに関心を持ち、最初に買ったアルバムというのが、1977年に発売された「ザ・ビートルズ・アット・ザ・ハリウッドボウル」(ビートルズ初の公式ライブアルバム)であり、僕の中の主要な関心がビートルズからポールに移っていくまでには、それからさらに1~2年を待たねばならないからである。

1978年の「ロンドン・タウン」は全米2位、1979年の「バック・トゥ・ジ・エッグ」は全米8位という成績に終わった。ポールの人気、そしてレコードの売り上げは少し下降線を示しているように見えた。

そして、「マッカートニーII」が発売された運命の1980年という年が訪れる。この年は結果的にビートルズファンたちにとってはまさに厄年ともいえる大きな受難の1年となった。

まずこの年の1月に初のウイングス日本公演のために来日したポールは、成田空港の税関で大麻不法所持のため現行犯逮捕されてしまう。結局予定されていた日本公演はすべてキャンセルとなり、ポールは数日間日本の留置所に拘留されたのち、イギリスに強制送還となってしまったのであった。

これだけでもファンにとっては十分に衝撃的な出来事であったのだが、同年暮れにまるで追い打ちをかけるかのように最悪の悲劇が起こってしまう。そう、12月8日にジョンが凶弾に倒れ、二度と帰らぬ人となってしまったのだった。あれから28年という年月が流れたが、未だにその傷が癒されたとは言い難い。

アルバム「マッカートニーII」は、そんなダブルの悲劇のちょうど中間に当たる1980年5月に発売された。日本での大麻事件後、ポールはウイングスを含むすべての仕事をいったんキャンセルし、しばらく謹慎ともいえる活動休止期間に入っていた。それだけに、日本での逮捕からわずか4カ月後に発売されたこのソロアルバムは多くのファンにとって予期せぬ驚きでもあり、またポールらしからぬその内容ゆえに賛否両論を巻き起こしたのであった。

実際にはポールはこのアルバムの準備を前年の1979年夏頃から始めていた。自宅のスタジオにある16トラックのレコーディング機材を使い、断続的に20曲ほどの作品を「完全に独力で」レコーディングしたと言われている。つまりすべての曲を作詞・作曲・アレンジすることはもちろん、楽器とヴォーカルのパートすべてを多重録音を使って独力で行ない、自らの手でプロデュースまでこなしてしまうという離れ業をやってのけたのだった。もっともポールにとっては、それぐらいのことは朝飯前であったにちがいないが…。おそらく日本での事件後、集中的にこれらの作品に手を加え、最終的に1枚のアルバムとして仕上げたと思われる。

そのタイトルを見る限り、ビートルズ解散直後の1970年に発表されたソロアルバム「マッカートニー」の続編であることは誰が見ても明らかであろう。しかし、そのサウンドは全体的にみれば機械的で単調な印象を強く残すものとなっており、16トラックの最新機材を使って録音されたことがあまり感じられない仕上がりとなっている。古い4トラックの機材で録音された「マッカートニー」のほうが逆にポールらしい手作り感や音の深みが感じられるのは皮肉といえば皮肉である。

チャート面ではイギリスで1位に輝いたものの、アメリカでは3位止まりであった。だが、個人的にはこの結果は出来過ぎであると思える。アルバム全体の出来としては「ロンドン・タウン」や「バック・トゥ・ジ・エッグ」のほうがはるかに優れていると思うからだ。この背景には日本での事件直後で話題が先行していたことや、シングルの「カミング・アップ」が大ヒットしていたことがプラスに作用したのではないかと思われる。

そんなわけで、アルバムという作品単位で見るとき、「マッカートニーII」は僕にとって必ずしも魅力的なアルバムではない、ということになる。しかし、ポール・マッカートニーという天才音楽家の作品をその長いキャリアを通して眺めるとき、このアルバムに収められた作品群は他のアルバムにはない独特の輝きを放ち始めるのである。天才は深いのだ。

好きな曲ベスト5
1. “One Of These Days(ワン・オブ・ディーズ・デイズ)”
  ポールらしいメロディアスなバラード。楽器の使用が最小限にとどめられ、あくまでもポールのヴォーカルがメインとなっている。

2.“Frozen Jap(フローズン・ジャパニーズ)”
  タイトル「氷のような日本人」は日本での逮捕に対するポールの心情を表現しているとされ、発売当時大きな話題になった。英語の原題では蔑称の“Jap”が使われ、邦題では“ジャパニーズ”となっているのも興味深い。力強いビートが印象的なインストゥルメンタル・ナンバー。

3. “Coming Up(カミング・アップ)”
  個人的にはアメリカで発売されNo.1となったグラスゴーでのライブテイクのほうが好きだが…。

4. “Summer's Day Song(サマーズ・デイ・ソング)”
  ポールの幅広い作風、そしてアレンジの妙を感じさせる隠れた名曲。

5. “ボギー・ミュージック(Bogey Music)”
  珍しくポールならではの遊び心を感じさせる1曲。 

参考:McCartney II(マッカートニーII)


関連記事