FC2ブログ

ビートルズ・リマスター日記 - 17 スピーカーで音楽を聴く楽しみ - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » ビートルズ・リマスター日記 » ビートルズ・リマスター日記 - 17 スピーカーで音楽を聴く楽しみ

ビートルズ・リマスター日記 - 17 スピーカーで音楽を聴く楽しみ

ビートルズ・リマスター発売のおかげで、スピーカーを通して音楽を聴く楽しみが僕の生活に戻ってきた。思えばビートルズのレコードというのは、スピーカーの前にでんと座り、そこから流れてくるサウンドにだけ意識を集中する、というのが一つの大きな楽しみであり、また醍醐味でもあったのである(過去形)。そして、いかにチープなステレオ・システムであっても、これは本当に驚くべきことだが、少なくともアナログ時代のビートルズのレコードはそれなりにいい音で鳴ってくれたのであった。

だがアナログを超える最高音質を提供してくれるはずであった第一世代のビートルズCD(1987年)が発売になって以来、スピーカーを通して音楽を聴くことがとんと少なくなってしまっていた。いつの間にか音楽はスピーカーで聴くものではなく、ヘッドフォンで聴くものに変化してしまったのだった。これは今だから確信をもって言えることだが、こんな事が起こってしまったのは、やはり第一世代のCDはビートルズの音をあまり忠実に再現できていなかったのだと思う。

その証拠に、実際にこうしてリマスター盤が届けられてみると、毎日のようにスピーカーからビートルズのCDを聴いている自分がいる。もちろん音量は周りを気にして控え目ではあるが(笑)。

そして、それと同時に、毎日ビートルズと共に目覚め、ビートルズと共に眠りについていた高校生の頃の気持ちが胸によみがえってくるのを感じている。そう、初めてビートルズを聴いた頃の気持ちは間違いなくこんな感じだった。ビートルズは紛れもなく僕の生活の一部だったのだと…。そして、この年になってそんな気持ちになれたことをとても嬉しく思うのだった。

リマスター盤が発売されてから早や2か月近くが経とうとしているが、飽きるどころか、じわじわとその出来の良さを繰り返し再認識してしまうのは、やはり本当のビートルズの音を見事に蘇らせているからだろう。皆さんもスピーカーで聴くビートルズ生活始めませんか?

参考:Amazon.co.jp “ザ・ビートルズ・ストア”


関連記事