FC2ブログ

ポールのアルバム “Wings Wild Life” - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » ポールのアルバム » ポールのアルバム “Wings Wild Life”

ポールのアルバム “Wings Wild Life”

おそらくポールの全アルバム中最も評価が低いと思われるアルバム。

それが、この「ウイングス・ワイルド・ライフ」である。

僕自身もあまり好きなアルバムではない。
買った当時はともかく、実際このアルバムを通しで聴くような事はほとんどない。

ビートルズ解散後、「バンド・オン・ザ・ラン」が発表されるまでの間、ポールのソロアルバムはなにかとケチをつけられることが多かったと聞いている。

それでも「ラム」をポールのベストアルバムに挙げる人がいてもおかしくはないと思うし、初のソロアルバム「マッカートニー」は僕も大好きなアルバムだ。

世間で言うほど、ポールは悪い仕事をしていないと思うのだ。

だが、この「ワイルド・ライフ」だけは別だ。

このアルバムの音を聴いていると、ポールのバンドではなくどこかのアマチュア・バンドがリハーサルで演奏しているのではないかさえと思う。
どう考えても世界最高のバンドにいた人が作るような音楽ではないと思えるのだ。

たしかに曲に関してはポールらしい輝きがところどころで見え隠れするものの、バンドの演奏ときたらとても褒められたものではない。どう控えめに見てもプロのミュージシャンたちのやる仕事とは思えない。
ポール自身のベースプレイまで全くといっていいほど冴えがないから不思議だ。ここまで来るとある種謎めいた気分にさえ襲われてしまう。

ポールはわざとヘタクソで売れそうもないアルバムを作ったのではないか…。
このアルバムには「マッカートニー・コード」(暗号)が隠されているのではないか…。
これは世界に対する皮肉ではないのか…。

というわけで、僕が考える1つの仮説は、ポールがこのアルバムを意識的に出来の悪いものにしたということである。
このアルバムは、ポールが常に最高の作品を作るという人々の固定観念を完全に打ち破るための彼一流のジョークだったというわけだ。

もう1つの仮説は、ポールがこの時期本当に落ち込んでいたということである。

ポール・マッカートニーという人は本当にあきれるほど前向きで明るく、楽観的な人だと思うのだが、ビートルズ解散後の数年間は進むべき道を失い、ひどく意気消沈していたとも伝えられている。

だから、このアルバムは彼のこの頃の精神状態を完全に反映しており、本当に信じられないことだが、これが当時の彼に作り得た最高の作品だったというわけだ。

どちらが正しいのか、それともどちらも間違っているのかは僕にはわからない。だが、このアルバムが「プレス・トゥ・プレイ」とは違う意味で最もポールらしくないアルバムであることは確かだろう。

全体の構成としては、A面(「マンボ」から「ワイルド・ライフ」まで)がロック、B面(「サム・ピープル・ネバー・ノウ」から「ディア・フレンド」まで)がバラードというような構成となっている。

僕個人の好みからいえば、A面は全滅である。
1曲も真の意味で好きな曲がない。

だがB面は全曲好きである。
「サム・ピープル・ネバー・ノウ」など、なんだこれと思うほど演奏はヘタクソだと思うのだが、曲は本当に美しいと思う。特にサビの部分の盛り上がりなど最高だ。

「アイ・アム・ユア・シンガー」は「サム・ピープル・ネバー・ノウ」に比べるとかなりまとまりよく仕上がっている。本当にめずらしいリンダとの完全なデュエット作品で出来もよいと思う。

「ビップ・ボップ・リンク」は1分に満たない文字通りリンク的なインストゥルメンタル曲だが、ポールならではの味付け満載でこれまた大好きな曲だ。ギターでこんな曲をいとも平然と弾かれたら、僕は床に平伏してしまうだろう。

「トゥモロウ」はよく「イエスタデイ」とタイトルの比較で取り上げられる曲だが、曲のタイプは全く違う。だが出来はとてもよいと思うし、これまた好きな曲だ。

「ディア・フレンド」はジョンの「ハウ・ドゥ・ユー・スリープ」に対するアンサーソングだと言われているが、そういう逸話は抜きにしても大好きな曲である。ポールにしては暗い曲調であるところがまたいい。ことこの曲に関しては演奏もポールのボーカルも素晴らしいし、ストリングの味付けも秀逸だ。完成度としてはこのアルバムで一番だと思う。

というわけで、僕はほとんどこのアルバムのB面しか聴かないのである。


関連記事