FC2ブログ

ポールの曲 “Wanderlust(ワンダーラスト)” - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ポールの曲 » ポールの曲 “Wanderlust(ワンダーラスト)”

ポールの曲 “Wanderlust(ワンダーラスト)”

ポールのソロ作品の中には、ビートルズの曲だと言ってもおかしくないような曲が何曲かある。

僕にとって「ワンダーラスト」はそんな曲の一つだ。

僕の記憶が正しければ、ポールが「ビートリィ」(ビートルズ風の)という表現を初めて使ったのが、この曲が収録された「タッグ・オブ・ウォー」の発売された1982年頃だった。

しかし、僕が「タッグ・オブ・ウォー」のアルバムで真にビートルズ的だと思える曲はこの「ワンダーラスト」1曲しかない。

これ以上ないシンプルなピアノのイントロ。(たったの5音階なのに限りなく美しい…)
シンプルなのに印象的。
作れそうで誰にも作れない独特のフレーズ。
これこそマッカートニーの真骨頂だと思う。

この美しい曲に乗っかっているボーカルの出来がまた素晴らしい。ポールの声は少年のように美しく、雲ひとつない青空のように澄みわたっている。
当時まだポールの声の衰えはそれほどでもなかったとはいえ、この曲の出来は特別で、ほとんど再現不可能ではないかとさえ思える。
実際、映画「ヤア!ブロードストリート」に収録されている「ワンダーラスト」のスタジオバージョンはこのオリジナルの出来には遠く及ばない。これも天才プロデューサ、ジョージ・マーティンのなせる業なのだろうか…。

おそらくこの美しいボーカルが再現できないという理由から、ポールがこの曲をステージで披露する事はないだろう。そして、たぶん「ひとりぼっちのロンリーナイト」も同じ理由で…。

メロディー、ボーカル、演奏、アレンジ、緊張感。この曲では、それらすべてが高いレベルで融合を果たしている。
まさに名曲だと思う。



コメント
非公開コメント

どうも。 またお邪魔です。

名曲ぞろいの 「タッグ・オブ・ウォー」 のなかで、この曲は個人的には、あまり引っかかりのない曲ですね。 好きですしよく歌いますけど。

この曲のいちばんのポイントは、同じコードで違うメロディを作っている部分。 最初のメロディと 「オーウェーディダー、ゴーウォンマイラー」 の部分ですね。 D-A-D-G-D。 同じコード進行だから、クライマックスで両方同時に歌える(いわば、「心のラヴ・ソング」 の応用)。 ひとりで歌ってると、両方同時に歌えないから、それがもどかしい(爆)。

「ブロードストリート」 のリメイクは、どれもこれも炭酸が抜けた後みたいで、私もこの点では管理人様と同感ですが、この曲の力強さをいちばん支えているドラムスを、ちょっとないがしろにしているせいなのかもしれないですね。

2012-07-07 17:46 │ from 橋本リウURL

リウさん
コメントありがとうございます。好きだけど引っかかりがない、という意味がよくわからないのですが・・・、まあ普通に好きという感じでしょうか(笑)。私はポールファンなら誰でもこの曲を特別と感じると勝手に思ってたのですが、やはり曲の好みは人それぞれですよね。ドラムスの重要性のご指摘はもっともだと思いました。さすが~

2012-07-08 22:19 │ from 管理人URL

「ワンダーラスト」
数あるポール名曲の中で 一番好きな曲を挙げよ、と問われたなら この曲を挙げるかも知れません。
シングルには なっていませんし、ベスト盤にも収録されていませんが、誰もが認めるポールの名曲ですよね。

異なる2つのメロディが 交替で登場し、最後のクライマックスで 異なるメロディが交錯する曲展開に 初めて聴いた時は 鳥肌が立つほど感激しました。
しかも2つの異なるメロディは コード進行が同じなので 交錯しても 違和感がありません。
そして メロディが美しい。やっぱりポールは凄いと この曲を聴く度に思います。

ヴォーカルも伸びやかで とても綺麗ですよね。曲調と上手く融合しています。
ポールの凄い所は どんな楽曲でも具現化出来る 魔法の様な歌声を持っていた事です。
「ワンダーラスト」では そんなポールの素晴らしい歌声が聴けます。
このオリジナル・ヴァージョンの完成度は正しくビートルズの名曲に匹敵しますね。
この曲をライヴで聴いてみたいと思いますが、オリジナルの完成度が高すぎるので 再現は 作者のポールでも難しいでしょうね。
航海を人生に例えた歌詞も秀逸です。

確かこの曲は ポールがジョージ・ハリスンにギターを弾いてもらう事を想定して レコーディングした曲というのを 何かの文献で読んだ記憶があります。
ジョージも自身の曲「過ぎ去りし日々」でポールに参加を要請して 二人の交流は活発化するかと思われましたが 結局 スケジュールの都合等で「ワンダーラスト」にジョージは参加出来ず、ポールの曲にジョージが参加する事は叶いませんでした。

もし「ワンダーラスト」にジョージのギターが加わっていたら どんな仕上がりになっていたのでしょう。
ジョージ・マーテインのプロデュースで鉄壁の完成度を誇る「ワンダーラスト」 ジョージ・ハリスンの参加で 正しくビートルズの復活として 傑作の名を残していたかも知れません。
でもジョージが参加出来なくても 充分過ぎるほど素晴らしい完成度ですよね。

この曲が収録されているアルバム「タッグ・オブ・ウォー」が 今は廃盤中の為に 新しくファンになられた方は聴けないのが 残念です。
早くアーカイブ・シリーズで新しいファンの方にも 聴ける日が来ることを願っています。

2014-05-29 01:58 │ from テツURL Edit

テツさん
この曲にジョージ参加の可能性があったとは知りませんでした。きっとポールはジョン亡きあとの本作を機に、なんらかの形でジョージと積極的な和解を求めていたのではないでしょうか。ポールの過去発言を見ても、ポールはジョージとやりたがっていた。ジョンを亡くして元メンバーの大切さを痛感していたのでしょう。だがジョージは頑として応じなかった。これはファンとしては残念ですが、こと『ワンダーラスト』に関しては結果的にジョージなしでも完璧な作品に仕上がったと思います。これはポールにしか作れない究極の逸品ですね。僕もある意味一番好きかもです(笑)。

2014-05-29 18:18 │ from 管理人URL

トラックバック

https://maccagogogo.jp/tb.php/39-7a4355b3