FC2ブログ

ポールの曲 “With A Little Luck(幸せの予感)” - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » ポールの曲 » ポールの曲 “With A Little Luck(幸せの予感)”

ポールの曲 “With A Little Luck(幸せの予感)”

邦題「幸せの予感」。
ウイングス名義の全米No.1ヒットである。この曲がヒットしていた1978年当時、僕は高校生だった。ビートルズをひと通り聴き終わり、興味の対象がビートルズからポール(ウイングス)へと向かい始めた頃である。

ポールはビートルズ解散後、不死鳥のように音楽界のトップに返り咲いていた。
初の全米ツアーが大成功に終わり(Wings Over America)、続いて“Mull of Kintyre”(夢の旅人)がイギリス史上最高の売り上げ枚数を記録していた。

しかしながら、その当時でさえ僕はポールの人気がすでに日本では下降線をたどりつつあることを薄々感じていた。高校のクラスメートの中でさえ、すでに熱狂的なポールファンは僕一人しかいないのだった。ビートルズ人気はまだまだ根強かったが、当時はどちらかといえばポールよりもジョンのほうが人気があったのである。

しかし売り上げや人気とは関係なく、ポールは依然として高いレベルの楽曲を発表し続けていた。“With A Little Luck”も、まさにポールならではの美しいメロディーと類い稀なる音楽センスが遺憾なく発揮された名曲だと思う。たとえばBGMとしてなにげなく聞いていても、突如として現実に引き戻されてしまうような魔力がこの曲にはある。
今風に言えば、“癒し系”の一曲といえるだろうか。特にポールが弾く深いベースの味わいとクラシック系のアレンジを施したキーボード、シンセサイザーの響きが印象的である。“Wingspan”に収録されているDJ editは中間部がごっそりとカットされてしまっているが、長年この曲を聴いてきた僕に言わせれば、あれはなんとも味気がなくてよろしくない。やはり“London Town”に収録されているオリジナル・ヴァージョンが最高である。

実は先日も朝通勤電車の中でこの曲を聴いていて、なぜだかわからないが、ウッと胸が一杯になってしまったのだった。この曲が持つ独特の優しい旋律と、作者であるポールがまだリアルタイムで生きている、という思いなどなどがごちゃまぜになって、感極まってしまったというわけである。思えば青春時代から現在に至るまで、実に30年以上もの間、ポールの音楽は常に僕のかたわらにあった。偉大なるポール・マッカートニーの音楽と共に人生の3分の2以上を生きてこられたことは本当に幸運なことであったと思う。しかも、その伝説はまだ続いているのだ…。

参考:
London Town
Wingspan

関連記事