FC2ブログ

EA ファースト・インプレッション - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » ポールのアルバム » EA ファースト・インプレッション

EA ファースト・インプレッション

たしかにこのアルバムには“Jet”も、“Silly Love Songs”も、“My Love”もないかもしれない。キャッチーな大ヒットチューンはないかもしれない。しかし、このアルバム“Electric Arguments”を聴いた人は古くて新しいポール・マッカートニーを発見するだろう。彼の音楽性の深さに驚嘆するだろう。断言しよう。新たな傑作の誕生である。

ファイアーマン名義のアルバムから、これほど完成度の高い作品が生まれるなどと、いったい誰が予想しただろうか?答え・・・誰も、である。だからこそ、欧米の多くの批評家たちはこのアルバムを驚きと称賛をもって迎え入れている。はっきり言ってポールの作品では非常に珍しい現象が起こっている(笑)。日本では…残念ながらまだほとんど話題にさえなっていない状況だが…。まあいい、遅かれ早かれこのアルバムのすばらしさに気がつくにちがいないから。

1曲目から8曲目までは完璧な作品群で占められている。とにかく8曲目までは1曲の捨て曲もない完璧なポップ・ロックアルバムだ。すごい!8曲すべてが名曲だと思う。
そして9曲目からは全体的な雰囲気がガラッと変わり、最後の13曲目まで従来のファイアーマン的な流れを汲む作品が続く。

よって個人的に採点すると1曲目から8曲目までが95点、9曲目から13曲目までが60点くらいになる。アルバム全体としては90点だ。前作“Memory Almost Full”もすばらしいアルバムだったが、2000年代の作品としては“Chaos and Creation in the Backyard”の次に好きなアルバムになりそうだし、個人的にはこのアルバムはポールの全ソロ作品の中でもかなり上位にランクされそうである。

感激のあまりやや大げさな表現になってしまうところはいつもの事ということでご容赦願いたいが、ポールファンならば1~8曲目まではきっと楽しんでもらえると思う。以上、まずは第一印象でした~

参考:
“Electric Arguments”(日本盤)
“Electric Arguments”(US盤)
Chaos and Creation in the Backyard
Memory Almost Full


関連記事