FC2ブログ

本当はジョージも… - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » ジョージ・ハリスン » 本当はジョージも…

本当はジョージも…

はっきり言ってポールとジョージは仲が悪かったと思う(というより、ジョージがポールを避けていた?)。
少なくとも仲が良くはなかったのは確かだ。

だが音楽的な話をすると、僕はジョンよりもむしろジョージの創る音楽のほうが好きである。

一般的にジョージの最高傑作は「オール・シングス・マスト・パス」ということになっている。
だが僕はこのアルバムが全然好きではない。

僕が特に好きなジョージの作品は「慈愛の輝き(George Harrison)」と「クラウド・ナイン」の2枚だ。
ジェフ・リンと組んで作られた「クラウド・ナイン」が発売されるまでは、僕は長い間「慈愛の輝き」をジョージのベストアルバムとして愛聴し続けてきた。このアルバムは一人のアーティストが一生に一度作れるか作れないかの素晴らしい作品だと思う。

僕は基本的にポールファンだから、ジョージに過大な期待はかけていない。だから「慈愛の輝き」以上の作品が作られるとは思っていなかったのだが、ジョージは僕たちにもう一つの大きな贈り物を残してくれた。

それが「クラウド・ナイン」だ。この作品で、ジェフ・リンはジョージの秘めたる才能を再び大きく開花させるという仕事を見事にやってのけた。

この2枚のアルバムからわかるのは、ジョージはポールやジョンと比べても全く遜色ない偉大なアーティストであるということだ(今さら言うまでもないことかもしれないが)。特に作曲能力という点で、ビートルズ時代には大きく水を開けられていた彼がほとんどジョン、ポールと差のないところまで接近していたのだということがよくわかる。

あまり仲の良くなかったポールとジョージの2人だが、こと曲のスタイルに関してはかなり相通ずるところがあるように思う。

たとえば以下のような共通点がある。
・メロディーが書けること。
・ラブ・ソングが得意。
・曲調はソフトでメロウなものが多い。
・基本的にポップス指向。

そんなわけで、僕はジョージの曲もかなり積極的に聴くのである。
純粋に一人のミュージシャンとして見てもかなり好きなほうなのだ。

だからポールとジョージが最後まで本格的に共演を果たさなかったのは個人的には非常に残念だ。(ポールの側ではジョージに何度もラブコールは送っていたのだが…)

それでもアンソロジーでリンゴと3ショットでカメラに収まり、数曲演奏までするシーンを目にしたときには非常に心癒された思いがしたものだ。
「アビイ・ロード」の時と同じように彼らは最終的には自分たちのケジメをつけたのだと思った。やっぱり彼らはすごい人たちである。

ジョージの音楽はいつも僕たちの心の中にある。
合掌。

参考:

クラウド・ナイン
慈愛の輝き

関連記事