FC2ブログ

ポールの曲 “Hope of Deliverance(明日への誓い)” - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » ポールの曲 » ポールの曲 “Hope of Deliverance(明日への誓い)”

ポールの曲 “Hope of Deliverance(明日への誓い)”

“The McCartney Years”のDVDに収録されているプロモーション・ビデオの中でも、この“Hope of Deliverance”は最も出来のいい部類に入るビデオだと思っている。
自然と動物をこよなく愛するポールとリンダにとって、森の中での撮影はなんだかとてもしっくり来るものがあるし、他のメンバーたちの表情も豊かで、純粋にセッションの楽しさが伝わってくるようだ。

この曲が収録されている“Off The Ground”というアルバムは、“Press to Play”ほどではないにしろ、ポールのアルバムの中では少し異彩を放っているというのが僕の意見だ。収録されている作品全体に、なんとなくポールであってポールでないような香りを感じてしまうからである。
この“Hope of Deliverance”も、ロックやポップスの枠にとらわれないジャンルを超えたワールド・ミュージックといった趣がある。ポールがまた一つ新しい領域に足を踏み入れたことを強く感じさせる名曲の誕生である。このようにタイプの違う曲を次々と生み出していくポールの創造性にはひたすら感服するしかない。

DVDのコメンタリーでは、ポールがこの曲がドイツで400万枚も売れたと言っている。400万枚といえば、僕のようなオジサンは「およげ、たいやきくん」などをを思い出してしまうのだが、ともかくとてつもない数字である。本国イギリスで最大のヒットとなった“Mull of Kintyre”でさえ250万枚といわれているから、個人的にはポールの言う数字の正確性には少々疑問が残る。
そんなわけで、ネットで少し検索をかけてみたのだが、残念ながら正確な売り上げ枚数までを確認するには至らなかった。ただ、ともかくこのシングルがドイツで1位になったことだけは確かなようだ。またヨーロッパ各国でもかなりヒットしたらしい。アメリカではビルボードで83位までしか上がらなかったのだから、ヒットチャートなんてつくづく当てにならないものだ。とりわけ昨今では、ヒットチャートはマスコミや業界によって作られているものという思いを強くしている。踊らされないよう気をつけなくては…。
関連記事