FC2ブログ

ポールのアルバム “Venus and Mars(ヴィーナス・アンド・マース)” - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » ポールのアルバム » ポールのアルバム “Venus and Mars(ヴィーナス・アンド・マース)”

ポールのアルバム “Venus and Mars(ヴィーナス・アンド・マース)”

前作「バンド・オン・ザ・ラン」で完全に王位復権を果たしたポールが、さらに一歩進んでウイングスというバンドと共に大きく飛翔した記念すべき作品。これを聴いて良くないと思う人はポールを聴く必要なし!音楽的趣味が違うのだから。

「バンド・オン・ザ・ラン」
「ヴィーナス・アンド・マース」
「スピード・オブ・サウンド」

この連続した3枚のアルバムがポールのソロ史上最も充実した時期であることに異論をさしはさむファンはそれほど多くはないはずだ。
それぞれにアルバム独自のカラーを持ちながらも、高いレベルでクオリティを維持しているからだ。

だが、この3枚の中で最も好きな1枚を選べと言われたら、僕はこの「ヴィーナス・アンド・マース」を選ぶ。

Venus and Mars

その理由は、
・なぜか好きな曲が多いこと。
・オーバープロデュースぎみの豪華絢爛な音がよい。
・コンセプトアルバムっぽい構成がポールらしい。
・バンドとしてかなりまとまっている。
・ギターのジミー・マッカロックが好き。
・ジャケットがよい。
などなど。

その昔、「ヴィーナス・アンド・マース」のアナログ盤には金星(ヴィーナス)と火星(マース)のデザインをあしらったシールがおまけとしてついていた。実は僕はまだこれを持っているのだ。近いうちにこのブログで公開するつもりである。
といっても別になんてことはないシールなのだが、今となってはかなりの貴重品だと思う。

そういえば、「サージェント・ペパーズ」のアナログ盤にもどう見ても使えそうもない切り抜き式のつまらんオマケがついていたっけ(ただ厚紙に絵が印刷されただけのもの)。「ホワイト・アルバム」の4人の写真は良かったけれど…。

さて、「ヴィーナス・アンド・マース」に話を戻して、
好きな曲ベスト5である。

1.「歌に愛をこめて」・・・なぜかこの曲が一番好き。アレンジもよい。

2.「あの娘におせっかい」・・・時代を超えた最高のポップチューン。タイトルが全然曲と関係ないが…。原題が長いから仕方ないか。

3.「ヴィーナス・アンド・マース~ロック・ショー」・・・やっぱりこれは2曲で1曲でしょう?。通しで聴くべし。ロック・ショーはホントかっこいい曲だ。

4.「メディシン・ジャー」・・・ポール以外の曲で大好きな数少ない曲の一つ。ジミーさんご冥福をお祈りします。

5.「トリート・ハー・ジェントリー~ロンリー・オールド・ピープル」
・・・この甘ったるい優しさがとても心地よい。嫌いな人は大嫌いでしょうけど。

今思えば、ウイングスがツアーで全米を制覇した1976~1977年。大半の曲はウイングスのオリジナル曲で占められ、ビートルズの曲は比較的少なかった。つまり、ほとんどオリジナルだけで勝負して頂点に昇りつめたわけだ。当時のポールがいかに勢いがあったかがわかる。

「ヴィーナス・アンド・マース」はそんな脂の乗り切った時代のポールを象徴する特別な一枚だ。


関連記事