FC2ブログ

ポールのアルバム “Red Rose Speedway(レッド・ローズ・スピードウェイ)” - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » ポールのアルバム » ポールのアルバム “Red Rose Speedway(レッド・ローズ・スピードウェイ)”

ポールのアルバム “Red Rose Speedway(レッド・ローズ・スピードウェイ)”

アルバム“Red Rose Speedway”を初めて聴いてから、かれこれ25年以上にもなるのだが、このアルバムは僕の中でなんとなく中途半端な位置を占めている作品である。

作品のクオリティ自体は決して悪くないのだが、どうもすっきりしない。
前作“Wings Wild Life”に比べると、あらゆる面で前進していることが、この作品でははっきりとわかるにもかかわらず、である。
“Wings Wild Life”では、ポールはいったいどうなってしまったのかと思ったファンもたくさんいたことだろう。だが、このアルバムを聴くかぎり、ポールの本格的な復活はまちがいのないものになっている。

特にシングルリリースだけに限っていえば、先行シングルとして発売された“Hi, Hi, Hi”や、007の主題歌“Live and Let Die”、そしてこのアルバムからシングルカットされた“My Love”など、立て続けに“売れる”シングルを量産し始めていた時期に当たる。
今から考えれば、“Red Rose”前後の活躍ぶりは、不朽の名作“Band on the Run”の序章と呼ぶにふさわしいものだったのだ。

このアルバムが比較的好セールスを記録した背景には、“My Love”という超名曲の存在があったからだ。これはまさしくビートルズにも匹敵するような名曲中の名曲で、この曲を聴きたいがゆえにアルバムを買った人たちはきっと多かったことだろう。

しかし、このアルバムの内容だけに限って言わせてもらうなら、なんとなくポールの張り切りぶりが空回りしているような印象を持ってしまうのである。
ポールが発表したソロ作品の中で、僕が正直いまひとつだと思うアルバムは以下の4枚である。(あくまでもファンとして愛着を込めて言わせてもらおう)

“Wings Wild Life”
“Red Rose Speedway”
“McCartney Ⅱ”
“Driving Rain”

実際、上記4枚のアルバムに関しては、他のポールのアルバムに比べ聴いた回数自体が少ない。いかに大好きなポールといえども、あまり好きではないアルバムはそれほど聴かないということだ。
“Red Rose Speedway”はこれら4枚の中では最も完成度が高いと思うのだが、それにもかかわらずあまり聴かないというのは、やはり楽曲自体が弱いのか、それとも個人的に好きな曲が少ないか、のどちらかなのだと思う。
いずれにしろ、全米No.1を獲得するほどのアルバムではないと個人的には思っているのだが、どうだろう。

アルバムのサウンドについては、全体としてはとても丁寧に作り込まれていると思う。
どちらかといえば華やかな装飾を施した音作りという印象で、“Ram”や“Venus and Mars”に近い雰囲気がある。
特に気がつくのが、“Hi, Hi, Hi”でもそうだったが、エコーのきいた曲が目立つことだ。ポールは特別な場合を除いて曲にエコーをかける事はあまりないので、そのあたりもこのアルバムの一つの特徴になっていると思う。

しかし、ともかくこのアルバムをもってしてポールの助走期間は終わりを迎える。ポール、そしてウイングスは次回作“Band on the Run”で予期せぬ超弩級の花火を打ち上げるのである。

好きな曲ベスト5
1. “Little Lamb Dragonfly”
今や隠れた名曲といってもいい、甘く、せつなく、そして限りなく優しいバラード。

2. “My Love”
もう何も言う必要はない超名曲。個人的には“Wings Over America”のライブ・バージョンがベストテイク。

3. “Hands of Love”
ただ単に中途半端な曲をつなげただけのメドレーはいただけないが、この曲だけは単独で存在できるポールらしいポップ・ナンバー。

4. “The Mess”
今やライブテイクのみの貴重なナンバー。オリジナルのアルバムには未収録だが、あまりに出来がよいので特別にランクイン!

5. “When the Night”
このまったり感がなかなか良い。ポールとリンダの息もピッタリである。
関連記事