FC2ブログ

ポールの曲 “Talk More Talk(トーク・モア・トーク)” “Pretty Little Head(プリティ・リトル・ヘッド)” - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » ポールの曲 » ポールの曲 “Talk More Talk(トーク・モア・トーク)” “Pretty Little Head(プリティ・リトル・ヘッド)”

ポールの曲 “Talk More Talk(トーク・モア・トーク)” “Pretty Little Head(プリティ・リトル・ヘッド)”

この2曲、いずれも名作(迷作?)“Press to Play”に収録されている曲である。
いずれこのブログでポールの作った「駄作」についても語ってみたいと思っているのだが、10年前ならば、間違いなく僕個人が選ぶポールのワースト・ソングの中に入っていただろうと思われる。
それぐらい、この2曲はポールが発表した作品の中では、どちらかと言えばつまらない作品の部類に入ると思ってきたし、実際好きにはなれなかった。(ただし10年ぐらい前までの話だ)

そもそもアルバム自体がポールらしくないのである。
発売当時はなんだかわけがわからない複雑な思いで、このアルバムを聴いていたのをよく覚えている。
だが、このアルバムも発売からすでに20年という月日が流れた。(1986年発売)
そろそろこのアルバムのすばらしさが再評価されるべきではないかという思いを強くしている。だが、このアルバムについてはまた時を改めよう。

“Talk More Talk”は、薄気味悪い人々の話し声から始まる。ここからして、もうすでにポール・マッカートニーらしくないのである。イントロもまるでホラー・ムービーのテーマかなにかのよう。健康的で、明るくて、爽やかで、楽天的なポールのイメージとは全くかけ離れている。
さすがにポールのヴォーカルが入ってくると印象はガラッと変わるのだが、リズムを強調した単調なメロディーがこれまたポールらしくない。
そんなわけで、長い間この曲が好きになれなかった。

“Pretty Little Head”は、発売当時シングルカットされたほどポールお気に入りの1曲だが、僕には全くシングルにした理由がわからなかった。わざわざシングルカットするほどの曲には思えなかったからだ。(結果的に、この曲は全くヒットしなかった)
この曲も“Talk More Talk”と同じく、単調で起伏に欠ける点が気に入らなかった。やはりポールらしくない曲であった。

しかし、僕のそういった否定的な評価もすでに過去の話である。
今聴いて思うのは、2曲とも実にていねいに作り込まれているということ。そして、単調な印象を与えるが、ポールならではの細かい味付けが随所に施されているということだ。
今ではワーストソングどころか、2曲とも好きな部類に入るようになってしまったのだから人間の感性とは本当にいいかげんなものだと思う。
最新アルバムでもポールは“How Kind of You”や“Riding to a Vanity Fair”など、オールドファンの先入観を打ち砕くかのような新たな一面を披露し続けてくれている。
凡人が天才を理解し、評価するのは本当に難しい~。
関連記事