FC2ブログ

ポールの曲 “All My Loving(オール・マイ・ラヴィング)” - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » ポールの曲 » ポールの曲 “All My Loving(オール・マイ・ラヴィング)”

ポールの曲 “All My Loving(オール・マイ・ラヴィング)”

ビートルズ初期、“Please Please Me”から“Beatles For Sale”までを、僕はジョンの時代と思っている。楽曲の質・量共にジョンがポールを大きく凌駕していると思うからだ。
そして、“Help!”と“Rubber Soul”ではジョンとポールがほぼ互角、“Revolver”から“Abbey Road”までは完全にポールの時代と考えている。

つまり、ポールが作曲家として真の意味で才能を開花させるまでには、しばらく時間がかかったということだ。
後期の活躍ぶりに比べると、初期のアルバムにおけるポールの曲の少なさには今でも少なからず驚きを覚えることがある。
この“All My Loving”が収録されている“With the Beatles”にしても、ポール単独の手になると思われる作品は他に“Hold Me Tight”1曲ぐらいしかない。
もちろんこの頃のポールは頻繁にジョンの曲を手伝うことはあっただろうが、まだまだポール自身の作曲能力は成熟していなかったということになる。後期には驚異的なペースで数々の名曲をいとも簡単に量産し続けたポールも、決して最初からオールマイティの作曲家というわけではなかったのだ。

そんな事情もあってか、初期の作品の中で僕が好きな曲はけっこう限られてくる。特別に好きな曲となると、さらに限られてくるが、“All My Loving”はもちろんそんな特別な一曲だ。
きっとこの曲が好きでないポールファンはいないだろう。

ビートルズをまだあまり知らなかった中学生の頃、安物のラジオでこの曲を初めて聴いたときのことを今でも鮮明に覚えている。
伴奏なしでいきなりヴォーカルから始まるイントロ。
自然と身体が動いてしまう曲のよさ。
“ボ~ン”と唐突に終わるエンディング。

感動をゆっくり味わう暇もなく、曲はあっという間に終わった。しばし動けなかった。頭が空白になった。
僕のビートルズ体験を語る上で欠かせない曲である。

演奏面では、もう言い尽くされていることだが、ジョンが弾いている3連ギターが大好きだ。今聴いてもテクニック云々を超えた抜群のセンスの良さを感じさせる。この曲はポールのヴォーカルとジョンのギターだけで成立しているといってもけっして過言ではない。

ライブでは“Can't Buy Me Love”と並び、今やポールのコンサートには欠かせない定番ソングである。きっとポールはこの曲を死ぬまで歌い続けるのだろう。不思議なのは、この曲が“Can't Buy Me Love”などよりも古き良き時代を想い起こさせ、ずっとずっとセンチメンタルな気分にさせてくれることである。

さて、今夜もビートルズのいた1963年にまでタイムスリップするとしようか…
関連記事