FC2ブログ

ポールの曲 “You Never Give Me Your Money(ユー・ネヴァ・ギヴ・ミー・ユア・マネー)” - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » ポールの曲 » ポールの曲 “You Never Give Me Your Money(ユー・ネヴァ・ギヴ・ミー・ユア・マネー)”

ポールの曲 “You Never Give Me Your Money(ユー・ネヴァ・ギヴ・ミー・ユア・マネー)”

ビートルズ時代におけるポールのプロフェッショナリズムを強く感じさせる名曲である。
そんじょそこいらのシングル盤などよりも、とにかく曲の密度が濃い。ありとあらゆる要素が4分間に凝縮された本当にすばらしい曲だと思う。

特にこの曲で見せるポールの変幻自在のヴォーカル。これは僕の中ではまちがいなくポール史上5本の指に入る名演である。怪演とさえ言ってもいいくらいの出来だ。
こんなパフォーマンスを事もなげに見せつけられると、ポールはやはり化け物だと思ってしまう。だが、ソロになってからはあのようなヴォーカルはすっかり影をひそめてしまった感があり、このあたりはファンにとってはいかにも残念であり、寂しい限りだ。

Back in the U.S.ツアーで披露された初めてのライブ・バージョンにしても、出来はよかったものの、やはりオリジナルとはあまりにかけ離れたものとなっており、いかにビートルズ・バージョンが優れていたかを再確認する形となったと思う。

この曲は、なんとなくメドレー用の寄せ集め的な曲の一つと勘違いされがちだが、とんでもない。楽曲自体も非常にすばらしいものがある。メロディアスかつたたみ掛けるような構成もポールならでは。
ポールが弾くベースも自分の曲にしては珍しく(?)冴え渡っていし、ジョンとジョージが弾くギターもなんだか別人のようにカッコイイ。リンゴのドラムもひとつ完成の域に達している。

この曲に限らないが、“Abbey Road”を聴くたびに、ビートルズはこのアルバムで音楽的にも、技術的にも一つの頂点を極めたのだと強く感じてしまう。彼らはこのアルバムから初めて8トラックを使用したと伝えられているが、確かにこのアルバムで見せるサウンドは彼らのどのアルバムにも増して奥が深い。
ビートルズならではの独特な空気感の中に、無限ともいえるサウンドの層が織り込まれており、聴くたびに新しい発見、新しい驚きがある。
その高密度なサウンドに加え、各メンバーの演奏技術もまさに円熟の域に達しているのだから、このアルバムが最高の作品にならないわけがない。

それだけに、ビートルズが残した8トラックのレコーディングアルバムがわずか1枚に終わってしまったという事実だけが非常に悔やまれてならない。ビートルズが16トラック、24トラックでアルバムをレコーディングしていたらと考えると…。いったいどれほどのマジックを彼らは残してくれていたのだろうか
関連記事