FC2ブログ

ポールのベースプレイ “Old Brown Shoe(オールド・ブラウン・シュー)” - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » ポールの演奏、名演 » ポールのベースプレイ “Old Brown Shoe(オールド・ブラウン・シュー)”

ポールのベースプレイ “Old Brown Shoe(オールド・ブラウン・シュー)”

ビートルズ時代のベースプレイで最も好きな曲の一つが「オールド・ブラウン・シュー」である。作曲はジョージ・ハリスン。「サムシング」や「タックスマン」など、ジョージの曲にはポールの名演が多いといわれているが、たしかにこの曲もそうだと思う。

最初この曲を聴いたのは、アナログのシングル盤だった。「ジョンとヨーコのバラッド」のB面に収録されていたこの曲は、A面共々ビートルズの全シングル中最も地味で、華のないカップリングだと思われた。

最初は全く好きになれなかった。というより、滅多に聴かない曲だったのだ。この曲を再評価したのは、CDによる再発売がきっかけである。アルバム「パスト・マスターズVol.2」に再収録され、ヘッドホンでこの曲を聴き直したとき、僕の評価は完全に一変した。

ポールのベースが歌っていた…。

ジョージの歌などそっちのけで、左耳から聴こえてくるのポールのベースプレイに全神経を集中していた。前半、いくぶん遠慮気味にからんでくるベース。だが曲の進行と共に完全に曲全体を乗っ取ってしまう。アドリブ的なポール独特の“遊び”も随所に散りばめられたこのベースプレイは本当に天才的センスが光る名演だと思う。

ジョージには悪いが、僕はこのベースが聴きたいがために今でも時々「オールド・ブラウン・シュー」を聴く。


参考:パスト・マスターズ vol.1&2


関連記事