FC2ブログ

僕の好きな曲 “傾斜” by 中島みゆき - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » 僕の好きな曲 » 僕の好きな曲 “傾斜” by 中島みゆき

僕の好きな曲 “傾斜” by 中島みゆき

僕にとって、中島みゆきは10代の頃にかなり本格的に聴いた日本のアーティストの一人である。
といっても、それはもう20年以上も前の話だ。
それだけに、彼女がいまだに日本のミュージックシーンの第一線にいるということが少し信じられないような気分になる。それと同時に、やはり中島みゆきという人は、時代の流れに左右されることのない普遍的な才能を持った超一級のアーティストなのだと思う。
特にソングライターとしての資質は大変なものだ。

僕がマジメに彼女のアルバムを聴いていたのはアルバム“予感”までで、それ以降はほとんど全く知らないのも同然である。だから、それ以降のことは別にしての話になるのだが、僕にしてみれば中島みゆきはアルバム“寒水魚”で日本のポピュラー音楽界の頂点を極め、“予感”でそれに並ぶ名作をたて続けに生み出した、という印象が強い。

松任谷正隆氏をプロデューサーに迎えたアルバム“寒水魚”は大ベストセラーを記録した。
当時彼女と共にニューミュージック界を牽引していたユーミンのプロデューサー(ご主人)を起用し、それを見事に成功させてしまったあたりが、とてつもなく興味深い。
このアルバムは今聴いても本当にすばらしい。まさに名盤中の名盤だと思う。
そして今回取り上げた“傾斜”という曲はその中でも特に好きな1曲である。
この曲だけは本当にいつ聴いても、そして何度聴いても決して飽きることがない。
そして、もちろん彼女の詩もすばらしいし、アレンジも、プロデュースも完璧である。

その後、彼女の作品でこの曲を凌駕するようなものが現れたのかどうか、今となっては僕にはそれを確かめるエネルギーさえも残っていないが、アーティストとして1つの頂点を極めたこの頃の“傾斜”、“時刻表”、“ファイト”“誘惑”などの名曲は、そうそう簡単に生まれ得るものではないと思っている。

この曲、このアルバムを次世代の若者たちに是非一人でも多く聴いてもらいたい…。
今どきこんなクオリティの高いアルバムはそうはないのだから。



寒水魚 寒水魚
中島みゆき (2001/04/18)
ヤマハミュージックコミュニケーションズ
この商品の詳細を見る
関連記事