FC2ブログ

オリビアの歌声は永遠に - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » 未分類 » オリビアの歌声は永遠に

オリビアの歌声は永遠に

オリビア・ニュートン=ジョンが8月8日、73才で永眠した。

このところ毎年のように偉大なミュージシャンたちが亡くなっているが、僕がその悲しい知らせについてブログで書くことはほとんどない。

つまり、それくらいオリビアは僕の音楽人生の中でも特別な存在であったということだ。

彼女の全盛期のヒット曲の中には、今聴いてもすばらしいと思える作品が少なくないし、実際現在の僕のスマホの中にもオリビアの曲が常時10曲前後は入っている。要するに彼女の曲は現在の僕にとっても「現役」なのである。

もうすぐ60に届こうという今になって思うことは、僕はつくづくロックよりもポップス寄りの人間であるということだ。そして、その傾向は年齢が進むと共により顕著になりつつある。

昭和の時代には偉大なるポップソングが山のように量産されたと思う。それは本当に夢のような黄金時代だった。

だから、僕はオリビアや、カーペンターズや、アバなどの曲が今でも大好きである。

そして、音楽のすばらしいところは、ひとたび録音されてしまえば、それらの曲はけっして年を取らないことだ。

それは永遠に生き続ける。たとえ僕が死んだあとも・・・。

だから、実のところ彼女の死の知らせを聞いた時も、僕はあんまり悲しくはなかったのである。

なぜなら彼女の歌声はいつも僕のそばにあるからだ。オリビアの歌声は永遠に・・・。

関連記事