FC2ブログ

2022年春のツアーまとめ - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » ポールのライヴ » 2022年春のツアーまとめ

2022年春のツアーまとめ

4月28日アメリカ、ワシントン州スポケーンで始まったポール・マッカートニー『ゴット・バック・ツアー』は6月16日アメリカ・ニューヨーク、メットライフ・スタジアムで大盛況のうちにいったん幕を閉じた。

今回の春ツアーはすべてアメリカ国内に限定されたものであり、全16公演とポールのツアーにしては比較的小規模な印象であった。しかし、世界的なコロナ禍が未だ完全に収束したとは言い難い状況の中での今回のツアー再開は、「試運転」としてはまずは上々の滑り出しであったと言えると思う。

この春のツアー最終日からわずか2日後にポールはめでたく満80才を迎えた。つまり、今回のツアーはポールの70台最後のコンサートツアーでもあったわけだ。遅ればせながら80才おめでとうございます、ポール!

さて、今回の春ツアーのハイライトといえば、ブルース・スプリングスティーンが飛び入り共演した6月16日メットライフ・スタジアムの最終公演であろう。

ブルースの『グローリー・デイズ』とビートルズの『アイ・ウォナ・ビー・ユア・マン』を2人が共演したシーンは大きな感動を呼んだ。

"Glory Days & I Wanna Be Your Man" Paul McCartney & Bruce Springsteen@New York 6/16/22

心配されたポールの喉の調子だが、約2年間のインターバル(休息)を取ったにもかかわらず、個人的な意見では復調にはほど遠い状態であったと思う。それでも、公演を重ねるごとに調子を上げてきたのには驚かされた。やっぱりポールにはステージに立つことが何よりの薬なのだろうと思う。どうぞお身体には気をつけて、いつまでもステージに立ち続けていただきたいと思う。

まだ次なるツアー日程は発表になっていないが、おそらくゆっくり夏休みを取ったあと、秋か冬には『ゴット・バック・ツアー』を再開するのではなかろうか。ジョンと別の曲で共演するなんてこともひょっとしたらあるかもしれない・・・なんて。

ポールは僕にすべてを与えてくれた。もう彼に望むものは何もない。彼には感謝と、祈り・・・もうそれしかない。

関連記事