FC2ブログ

音楽プレーヤーとしてのiPhone(1) - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » Amazon Music Unlimited 【AMU】 » 音楽プレーヤーとしてのiPhone(1)

音楽プレーヤーとしてのiPhone(1)

今日は音楽プレーヤーとしてのiPhoneのすばらしさについて書いてみたいと思う。

多くの人がそうであるように、僕もいつの間にか熱烈なiPhoneユーザーになってしまった。今僕はiPhone12 miniとiPhone SE(第二世代)の2台持ちである。2台を用途別に使い分けることで、ほぼ毎日バッテリー切れになることもなく高稼働中である。

そして2台のうち、特に音楽プレーヤーとして今愛用しているのが先日iPhone 7から機種変更したばかりのiPhone12 miniである。

こいつがコンパクトなフォルムでありながら、音楽プレーヤーとして実にいいパフォーマンスを見せてくれている。本当に傍らからひと時も離したくないほどの優れものなのだ。というわけで、今日はiPhone12 miniの音楽プレーヤーとしてのすばらしさについて書いてゆこうと思う。

現在の僕の音楽ライフを語る上でけっして外すことができないのがこのiPhone12 miniと、定額制のアマゾンミュージックである。アマゾンミュージックについては過去何度も記事を書いてきたが、もはや僕の人生になくてはならないほどのものになってしまった(笑)。毎日毎日高音質で音楽を聴き倒して月額780円(アマゾンプライム会員割引)。年間にすると9360円!なんと1万円を切っているのである。

普通にCDを買っても1万円なら4~5枚がいいところだろう。ところが今の僕がアマゾンミュージックで1か月に聴くCDの数はおそらく30枚~50枚ほど。年間にするとざっと500枚前後のCDを聴いていることになると思うから、単純計算でも約100倍ほどのコストパフォーマンスということになる。これは本当にすごいことだ。

そして、定額制のよいところは、普通なら自分が絶対にお金を出してまで買わないであろうアーティストの曲が好きなだけ聴ける(試聴できる)ことである。実際それによって、今までいったいどれだけ僕の音楽の幅が広がったことか・・・。これは文字通り僕にとって夢が現実になったと断言できる。

さらに、さらに、僕はつい最近新たな大発見をしてしまったのである。それは、アマゾンミュージックはストリーミングで聴くのではなく、わざわざダウンロードして聴くのが最高!!ということである。
まあ、そんなこと当たり前じゃないか、という人もいるだろうが、僕はつい最近まで家のWi-Fi環境ならわざわざ楽曲をダウンロードしなくてもストリーミングだけで十分な高音質に違いないと思い込んでいたのである。

だが、それが大きな勘違いであることに僕は気づいてしまったのだ。

楽曲はたとえWi-Fi環境ではあっても、絶対にダウンロードしてから聴くべきである。とにかく音のクオリティがびっくりするぐらいアップするからだ。

次回は実際にどれくらい音質がアップするのかをダイナミックレンジ/サンプリング周波数数値のデータで示してみようと思う。

今なら3か月無料
驚異の高音質オーディオ体験 Amazon Music Unlimited

関連記事