FC2ブログ

40年目のポール・ウェラー - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » 未分類 » 40年目のポール・ウェラー

40年目のポール・ウェラー

今日の1曲:『マイ・エヴァ・チェンジング・ムーズ』/ザ・スタイル・カウンシル

10代でザ・ジャムをスルーし、20代でスタイル・カウンシルをスルーし、30代でソロになったポール・ウェラーをスルーして早や40年(笑)。

僕は今、まるでその失われた時間を取り戻すかのようにポール・ウェラーの作品群を聴きまくっている。

これも好きな音楽を好きなだけ聴ける定額制音楽ストリーミングのおかげである。これなしには、過去の何十、何百という名盤を今になって聴き返すことなど不可能である。だが今はそれが可能になっているのだ。何度も言っているが音楽好きには本当に夢のような時代になった。

ポール・ウェラーをスルーしてきたとは言っても、実は過去に僕は名盤『スタンリー・ロード』を購入していたのである。

しかし、当時はそのアルバムの良さがわからずに、数回聴いただけでなんと中古CDショップに売り払ってしまったのであった(笑)。

かくして僕のポール・ウェラー再発見は、その一度は捨てた『スタンリー・ロード』を聴き直すことから始まった。

ほぼ25年ぶりにストリーミングでこのアルバムを聴き直した僕は本当にびっくりしてしまった。これは一般に評価されている通り単なる名盤ではなく、大傑作のカテゴリーに入る作品であることをすぐに直感したからである。

「これは大変な事をした。すぐに失われた時間を取り戻さねばならない。」と僕は思った。

というわけで、僕にとって40年目のポール・ウェラーの旅が始まったのである。

今はただつべこべ言わずに、まずはソロ期の作品を最初から順番に聴いている。おそらくソロ→スタイル・カウンシル→ザ・ジャムの順番で時間を逆行して聴くことになるであろう。

というわけで、今はウィキペディアなどで彼のことを調べながら彼の音楽にどっぷり浸る毎日が続いているのだが、一番驚いたのは彼が本国イギリスではザ・ジャムの時代からずっとトップクラスの人気を維持しているのに、アメリカではまったく売れていないという衝撃の事実であった。

こういう現象は実はけっこう頻繁に起こっていることは知っていたが、これだけ人気と実力、そして実績を兼ね備えた人がアメリカでほぼ完全に無視されているというのは不思議であると同時に非常に興味深いことでもあると思っている。

彼についてはこれから折に触れて書くことになるであろう。

5月にはニュー・アルバムも発売される
ファット・ポップ (SHM-CD)/ポール・ウェラー

管理人オススメのワイヤレスイヤホン。現在使用中。最高の音楽ライフをお約束します。
ソニー 完全ワイヤレスイヤホン WF-XB700:重低音モデル

上位モデル
ソニー 完全ワイヤレスイヤホン WF-H800:ハイレゾ級

今日の1曲:『マイ・エヴァ・チェンジング・ムーズ』/ザ・スタイル・カウンシル
アマゾン・ミュージック・アンリミテッドの会員は直接曲にアクセスできます。

よろしければ、僕の別ブログにもお越しいただければ幸いです。昭和・平成・令和 そして今を生きる

関連記事