FC2ブログ

ポールの全アルバム格付をやってみた(3) - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » 特集記事 » ポールの全アルバム格付をやってみた(3)

ポールの全アルバム格付をやってみた(3)

今日の1曲:『ミスター・ベラミー』/ポール・マッカートニー

さあ今日は1990年代のアルバムを格付してゆこう。

オフ・ザ・グラウンド B
フレイミング・パイ S
ラン・デヴィル・ラン B

1990年代はカバーアルバムの『ラン・デヴィル・ラン』を入れてもリリースがたったの3枚・・・とこれはポールにしてはいかにも少ないという印象。ポールも当時すでに50代、仕方ないか・・・なんて。

しかし、しかしである。この格付ランキングにはカウントしないが、1990年代のポールはなんとなんとクラシックのアルバムを3枚(『リバプール・オラトリオ』『スタンディング・ストーン』『エッチェ・コール・メウム』)、ファイアーマン名義のアルバムを2枚(『ストロベリーズ・オーシャンズ・シップス・フォレスト』『ラッシズ』)と、いわゆるサイドプロジェクトのアルバムを計5枚も発表していたのである!。逆にいえば、それぐらい当時のポールは煮詰まっていたという考え方もできるのだが、改めてその超人的な働きぶりには頭が下がる思いだ。


さて、格付内容としてはポール大復活の記念碑的アルバム『フレイミング・パイ』が文句なしのSランク、『オフ・ザ・グラウンド』『ラン・デヴィル・ラン』は共にBランク評価とした。

以上をまとめて1970年代、1980年代のものと合わせてランク順に並べると以下のようになる。

S+
バンド・オン・ザ・ラン

S
ヴィーナス・アンド・マース
タッグ・オブ・ウォー
フレイミング・パイ

A+
ラム
ロンドン・タウン

A
パイプス・オブ・ピース

B+
フラワーズ・イン・ザ・ダート

B
マッカートニー
レッド・ローズ・スピードウェイ
スピード・オブ・サウンド
バック・トゥ・ジ・エッグ
プレス・トゥ・プレイ
オフ・ザ・グラウンド
ラン・デヴィル・ラン

C+
マッカートニーⅡ
ヤァ!ブロード・ストリート

C
ワイルド・ライフ
バック・イン・ザ・U.S.S.R.

これで20世紀の作品がすべて顔を揃えたことになる。改めて見直すとなかなかの壮観である。Bランク評価のアルバムがやけに多いと感じられるが、僕の基準ではBランクは(良い)なので悪しからず。ちなみにSランクは(超名盤)、Aランクは(名盤)、Cランクは(普通)だ。

次回は2000年代のアルバムを格付する。

今日の1曲:『ミスター・ベラミー』/ポール・マッカートニー
アマゾン・ミュージック・アンリミテッドの会員は直接曲にアクセスできます。

よろしければ、僕の別ブログにもお越しいただければ幸いです。昭和・平成・令和 そして今を生きる

関連記事