FC2ブログ

日本の至宝 宇多田ヒカル - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » 未分類 » 日本の至宝 宇多田ヒカル

日本の至宝 宇多田ヒカル

今日の1曲:『きらめきの序曲』/アバ

かつて天才少女の名を欲しいままにした宇多田ヒカルも、もう37才(オレも年を取るはずだ、笑)。その彼女もすっかり中年の域を迎え、ひと昔前であれば様々な面で劣化が感じられても不思議はないところなのだが、いやいや彼女にかぎっては輝く才能と美貌はいまだ健在である。いや、むしろそのオーラは年令と共に威力を増していると言っていいだろう。

その事実を実感させられたのがYouTubeで見つけた以下の2つの動画であった。

僕にとって若い頃は必ずしも好きなアーティストではなかった彼女だが、今回ばかりは感動を通り越して戦慄にも近い感情を抑えることができなかった。

こんなにすばらしいアーティストが実在する、この国日本とはなんと幸運な国なのだろうと僕は心の底から思ってしまった。そして自分が日本人であることを誇りに思った。僕たちは今なんというすばらしい時代を生きているのだろうと・・・。そんなことをリアルに感じさせてくれるアーティストというのは、そうそういるものではない。

さて、一つ目の動画は、以下の動画である。特に1曲目がすごすぎる。まさしく神(女神)が舞い降りている。ライヴでこのレベルのパフォーマンスができるアーティストというのは、世界中を探してもほんの一握りしかいないであろう。とにかく人間離れしているとしか言いようがない。まさに円熟の域に達した究極のパフォーマンスであり、完成されたひとつのエンターテイメント・ショーの姿がここにある。




二つ目の動画は、彼女自身が初監督を務めた『Goodbye Happiness』のミュージックビデオである。今から10年も前に製作されたこのビデオは、まるで現在の「Stay Home」の世界を予言するような内容となっている。が、そんなことはどうでもよくなってしまうくらい、宇多田ヒカルがどこまでも、とてつもなくキュートなのである。固定画面長回し一発撮り(たぶん)の中で繰り広げられる、めくるめくヒカルワールドは、観る者をこの世にいながらにして異次元の別世界へといざなってくれる。まさに日本の、そして世界の至宝である。宇多田ヒカル偉大なり。




『初恋』/宇多田ヒカル



今日の1曲:『きらめきの序曲』/アバ

関連記事