FC2ブログ

『フレイミング・パイ』デラックス・エディションの内容(3) - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » ソロ・リマスター日記 » 『フレイミング・パイ』デラックス・エディションの内容(3)

『フレイミング・パイ』デラックス・エディションの内容(3)

今日の1曲:『チェンジ・ザ・ワールド』/エリック・クラプトン


今回のデラックス・エディションはCDが5枚、DVDが2枚となっており、これまでのアーカイヴシリーズと比べてもかなりのヴォリューム感である。ではさっそくCDのほうから内容を見ていこう。

CD1 リマスター・アルバム
まずはオリジナルアルバム全曲のリマスター盤である(曲目リストは割愛)。これまで同様に音質がよくなっていることはまず間違いないが、『フレイミング・パイ』が初めて発売されたのが1997年。すでに時代はデジタルに完全移行しており、1970年代~1980年代中期に発売されたアルバムに比べれば明らかな違いを認めるのは難しいかもしれない。

僕自身、ファーストソロアルバム『マッカートニー』のリマスター盤を聴いたときの衝撃といったら、それはすごいものがあった。それは、ほとんどアルバム全体が完全に生まれ変わったといえるほどのものだったからだ。たとえて言えば、ゴツゴツした角が取れて、音全体が滑らかになり、クッキリとまとまりある美しいサウンドに変身したかのような鮮やかさがあった。『マッカートニー』から『ヴィーナス・アンド・マース』に関しては、誰でもその明らかな違いを実感することができるだろう。まだリマスター化されていないタイトルに関しても『バック・トゥ・ジ・エッグ』と『ロンドン・タウン』は僕自身非常に楽しみにしている。

今回の『フレイミング・パイ』に関しては、そういう意味で上記ほどの驚きは少ないであろうということができる。もともとサウンド的にも完成度の高いものであるだけになおさらである。


CD2 ホーム・レコーディングス
CD2からCD5までは蔵出し音源のオンパレードである。

まずCD2は「ホームレコーディングス」と名付けられ、ポールがギター1本(もしくはピアノ1台?)でおそらくカセットテープに録音したであろうと思われる初期のデモがアルバムの曲順に並べられている(ただし全曲ではない)。

1. ザ・ソング・ウィ・ワー・シンギング [ホーム・レコーディング]
2. ザ・ワールド・トゥナイト [ホーム・レコーディング]
3. イフ・ユー・ウォナ [ホーム・レコーディング]
4. サムデイズ [ホーム・レコーディング]
5. ヤング・ボーイ [ホーム・レコーディング]
6. カリコ・スカイズ [ホーム・レコーディング]
7. フレイミング・パイ [ホーム・レコーディング]
8. スヴニール [ホーム・レコーディング]
9. リトル・ウィロー [ホーム・レコーディング]
10. ビューティフル・ナイト [1995デモ]
11. グレイト・デイ [ホーム・レコーディング]

CD2からは今のところ『ヤング・ボーイ』と『ワールド・トゥナイト』の2曲が試聴できる。Amazon Music Unlimited会員の方は以下のリンクからどうぞ。

ヤング・ボーイ(ホーム・レコーディング)

ザ・ワールド・トゥナイト(ホーム・レコーディング)

2曲共に聴いて思うことは、天才ポール・マッカートニーの巨大な才能の前に凡人はただひれ伏すのみ、であるということだ(笑)。こんなにいい曲をギター1本でいとも簡単に紡ぎ出してしまうとは恐れ入る。実際はそんなに簡単なことではないのかもしれないが、簡単に聴こえてしまうところがまたすごいところなのだ。きっと鼻くそほども努力してないよね、ポールさん(笑)。

頭に浮かんできたものを、ただギターで伴奏付けてある程度形にしておけば、もうそれだけでレコーディング用の素材が次々と出来上がってゆく・・・。そんな感じさえ受けてしまう。まさに無から有を生み出すリアル錬金術。実質元手ゼロ円でチャリーン!、チャリーン!、ザクザク、ガッポガッポというわけだ(笑)。いや~、すごいわ。

さて、『ヤング・ボーイ』はまだサビが付く前のバージョンだが、これはこれで十分に聴くに値するし(好きです)、『ワールド・トゥナイト』はデモでありながらも、もうすでにポールの頭の中では完成版ができているといった印象。僕はこの2曲だけでほんとうにポールがギターを使いこなしていて、ギターと会話しながら曲を作っているのだな、という感じを強く受けたのであった。別に悲観するわけではないが、努力することがアホらしくなるほどのポテンシャルの高さである(笑)。今さらですが。

ちなみにこのCD2は「ホーム・レコーディングス」と名付けられてはいるが、『ワールド・トゥナイト』などは、波の音などもかすかに聴こえるような気がするから、実際は屋外で録音されたものもけっこうあるのかもしれない。

6/29現在、『フレイミング・パイ』アーカイヴ・コレクションからは、合計8曲が試聴できるようになった。Amazon Music Unlimited会員の方は以下のリンクから聴けます。

『フレイミング・パイ』(アーカイヴ・コレクション)

そんな感じでCD2の他の曲もたくさん楽しませてくれるであろうと想像している。(続く)

フレイミング・パイ デラックス・エディション(完全生産限定盤)(2DVD付)

フレイミング・パイ スペシャル・エディション(2CD 生産限定盤)

関連記事