FC2ブログ

ポールの曲 “Martha My Dear(マーサ・マイ・ディア)” - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » ポールの曲 » ポールの曲 “Martha My Dear(マーサ・マイ・ディア)”

ポールの曲 “Martha My Dear(マーサ・マイ・ディア)”

ホワイト・アルバムでポールは実に11もの違った顔を見せる。
7変化ならぬ11変化。

“Back in the U.S.S.R.”“Ob-La-Di,Ob-La-Da”に続いて見せる3つ目の顔がこの“Martha My Dear”である。

数あるポールの名曲の中でも、最もミステリアスな輝きを放つ名品中の名品といえるこの曲は、いわゆるアナログ盤でいう「1枚目のB面」冒頭を飾っている。
バラバラの曲が雑多に並んでいる印象の強いホワイト・アルバムであるが、なぜか1枚目のB面だけは割と落ち着いた大人しい曲が並び、不思議な統一感を持っている。

僕も昔からこの“B面”が大好きで、どれだけ通して聴いたことかわからない。
学生時代の友人たちの間でも、“B面”は高い人気を誇っていた。

さて名曲“Martha My Dear”に話を戻そう。
なぜこの曲がミステリアスなのか。
まず、これだけの名曲なのに“Ob-La-Di,Ob-La-Da”と同じくポールがライブで演奏したことが一度もない。

そして驚くべき曲の完成度の高さ。
イントロのピアノソロは、これだけで完璧と思える。クラシック顔負けの驚きの旋律だ。
そして裏声をも駆使した透き通るほど爽やかなポールのヴォーカル。
その声はやはり“Back in the U.S.S.R.”とも“Ob-La-Di,Ob-La-Da”とも全く違う。

曲構成も尋常ではない。
“♪silly girl~♪”から“♪take a good ~look around you♪”への見事な展開。完全に予想を裏切りながら曲はこれ以上ないほどのクライマックスを迎える。

これは全くロックではない。
ある意味現代音楽が到達しえた究極の完成形ともいえるし、ポールにしかできない最高難易度のウルトラCともいえる。

もう一つ不思議なのはリンゴのドラムスは別にしても、この曲にジョンやジョージの影は全く感じられないことである。
スタジオミュージシャンとのコラボレーションで完璧なサウンドが生まれている。
ビートルズとは何なのか、そしてこの頃のポールは何者なのかと問いかけたくなってしまう。

最後に、ポールは“Martha My Dear”のような曲を二度と再び書いていない。
(ここでまた僕の仮説の登場である。話半分に聞いていただきたい。)
実際は「書いていない」のではない。「書けない」のである。
なぜなら、この曲は音楽の神々にインスピレーションを得て書かれた曲だからである。


参考:ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム)

関連記事