FC2ブログ

ポールの曲 “Ob-La-Di, Ob-La-Da(オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ)” - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » ポールの曲 » ポールの曲 “Ob-La-Di, Ob-La-Da(オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ)”

ポールの曲 “Ob-La-Di, Ob-La-Da(オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ)”

ホワイトアルバムからはシングルカットされた曲が1曲もない。
これは当時の音楽界の常識からいくと明らかに“暴挙”である。
完全に採算、売上げといったものを度外視している。
儲かるなら何でもやってやれ、というようなハイエナ的商業主義とは全く正反対の位置にいる。確固たる地位を築いたからできた事とはいえ、本当にすごい事だし、それがまたビートルズのもう一つの魅力にもなっている。

さて、“Ob-La-Di,Ob-La-Da”は、ホワイトアルバムからシングルを出すとしたら、必ずや候補に挙がったであろう名曲である。

ビートルズを聴くまでは、僕はこの曲をどこかの国の民謡か童謡とばかり思っていた。実際それぐらい有名な曲だし、親しみやすく印象的な曲であると思う。

ビートルズがレゲエを初めて取り入れた曲としてもよく知られているが、それはあくまでも技術的な話であり、やはりポールだからこそ作り得た最高品質のポップソング、ハッピーソングだと思う。

“Ob-La-Di,Ob-La-Da”という呪文のようなフレーズもポールらしいセンスを感じさせるが、やはり“何か”にインスパイアされなければこんな独創的な曲は作れるわけがないとも思ってしまう。

そして、この曲もポールのヴォーカルとレコーディング自体の出来が特別すばらしい。
ダブルトラックで迫ってくるポールのヴォーカルは1曲目の“Back in the U.S.S.R.”とはうって変わって全く別人のようにポップである。
この使い分けは見事というしかない。

蛇足ながら、これほど有名な曲をポールが今まで一度もステージでやったことがないのは大きな謎である。
あるいはポール自身はこの曲があまり好きではないのかもしれない。


参考:ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム)

関連記事