FC2ブログ

ポールのライヴ活動はどうなる? - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » ポールのライヴ » ポールのライヴ活動はどうなる?

ポールのライヴ活動はどうなる?

新型コロナウィルスの世界的拡大により、日本でもライヴコンサート等のイベントが次々と中止、延期に追い込まれているが、我らがポールの今後のライヴ活動はどうなるのかを今日は考えてみたい。

まず現在予定されている一番直近のコンサートは、5月23日、26日フランスでの2公演。その後オランダ→再びフランス→ドイツ→イタリア→スペインという日程が組まれている。

今のところまだ中止、延期等の公式アナウンスはなされていないが、現在のヨーロッパの状況を見れば、少なくとも延期となるのは間違いないと思われる。いや、延期というのはあまりにも楽観的すぎる観測といえるかもしれない。僕個人の現在の正直な気持ちを言わせてもらうならば、ポールは自らの年齢も考慮してライヴ活動を無期限自粛してほしいと思う。志村けんさんの例もあることだし、ファンの一人として切にお願いしたいし、絶対に人が集まるところへは足を運ばないでもらいたいと思う。

世界の至宝、ポール・マッカートニーをコロナ・ウィルスから守ろう!

現実的側面としては、僕たちファンもポールの生ライヴはもう二度と観ることはできないかもしれないということを覚悟すべきだと思う。何よりもポールの命が一番大切なのだから。

しかし、思い返せばポールは実に長きに渡ってステージ活動を継続してくれた。ジョンの死を乗り越え、1990年から再開したコンサート活動から数えたとしても約30年という長い長い期間である。つまり、彼は僕たちファンが望む以上のものを与え続けてくれたのだ。彼の音楽活動はまだ終わらないが、ここで僕たちファンも一度立ち止まって、ポールがいかに多くのものを僕たちに与えてくれたのかを再確認したほうがよいだろう。
たとえ今後二度とポールがステージに立たないとしても、僕個人としては何の未練もない、というのが正直な気持ちだ。正確な数こそ覚えていないが、合計10回前後彼の生ライヴを観れたことは本当に幸運であったと思う。素直に幸せな時間をありがとうと言いたい。

今後はスタジオワークや、オンライン配信などでさらなる伝説を作ってほしいと思う。生きているだけでめでたい。ポール・マッカートニー万歳!!


引っ越しました。
昨年末に立ち上げた新ブログ『昭和・平成・令和 そして今を生きる』もよろしくお願いいたします。

参考:
2020年10月15日発売 豪華本 Get Back(英語 ハードカバー)

関連記事