FC2ブログ

ポールの曲 “Motor Of Love(モーター・オブ・ラヴ)” - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » ポールのニュース » ポールの曲 “Motor Of Love(モーター・オブ・ラヴ)”

ポールの曲 “Motor Of Love(モーター・オブ・ラヴ)”

1989年に発表されたアルバム“Flowers in the Dirt”の最後を飾るラブ・バラード。
正直言って曲自体はポールにしては割と普通の部類に入ると思う。
だが僕がこの曲を特別に好きなのは、詩の内容がいかにもポールらしいからである。
この曲はポールならではの強烈なラブ・ソングなのだ。


君の愛には勝てない
どんなに人生がつらく思えようと
僕の夢の中には明かりが灯っているから
本当にありがとう

友達は皆僕に尋ねる
「どうして君はいつも笑っていられるのか」と
それは僕に家庭があるから
本当にありがとう

君に望むものは何もない
愛のモーターだけを回しておくれ

(中略)

落ち込んで、仲間外れにされた時があった
最悪の気分だったことを覚えているよ
もう少しで、
本当にもう少しで鍵を捨ててしまうところだったんだ

愛のモーター
愛のモーター
父なる神も空から見守っている
君の大きな愛のモーターにはとてもかなわない


この曲は間違いなくリンダのことを歌っていると思われる。
(この曲を発表した時点で)20年も一緒に連れ添った自分の妻のことをこんな風に歌えるなんて、本当にすばらしいことだと思うし、羨ましい。
全くポールとは驚くべき人だ。

「落ち込んで、仲間外れにされた時」とはビートルズ解散時のゴタゴタを指しているのではないだろうか。
「もう少しで鍵を捨ててしまうところだった」とはいかにも象徴的である。
解散後のポールの精神状態は、一般に伝えられているよりはるかにひどいものだったのかもしれない。
ビートルズ解散後、20年近く経って初めて歌の中でのみ語られた真実、とは考えすぎだろうか…。

“Motor of Love”
あまり目立たないが、僕にとっては重要な1曲である。


関連記事