FC2ブログ

『アビイ・ロード』50周年記念のボーナストラック(1) - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » ビートルズ・リマスター日記 » 『アビイ・ロード』50周年記念のボーナストラック(1)

『アビイ・ロード』50周年記念のボーナストラック(1)

その後何度か『アビイ・ロード』のリミックス盤を聴き直してみたが、『オクトパス・ガーデン』以降、個人的に気に入らない点がいくつかあり、僕個人の結論は「△」である。

細かいのだが、たとえば『アイ・ウォント・ユー』でポールのすばらしいベースプレイがやや引っ込んでいるとか、エンディングのカットが甘いとか。『サン・キング』の音圧がやたら高いとか。いくつかの曲でヴォーカルが前に出すぎているとか、要するに強弱のつけ方がいちいち燗に障ってしまうのである。とにかく一にも二にもバランス感覚の問題である。こんなこと考えて聴いてるのオレだけかもと思いつつ・・・(笑)。

が、しかし今回は『ホワイト・アルバム』ほど悪い評価ではなくて、「オリジナルは超えられなかったけれども、これはこれでありかな」という評価に落ち着きそうだ。きっと若い人たちにはこのリミックスが受け入れられてゆくのだろう。とにかく音自体は格段によくなっている。

というわけで、僕自身はこれからも2009年リマスターの『アビイ・ロード』を末永く愛聴してゆくことになるだろう。やっぱりジョージ・マーティンはいい仕事したよ。


さて、リミックスをけなすのはこのぐらいにして、予想以上の収穫があったボーナストラックについて今後何回に分けて書いてみたいと思う。

ビートルズのアウトテイクもアンソロジー等を含めてかなり出尽くした感があると思っていたので、個人的にはまったく期待していなかったのだが、その予想に反して今回のボーナストラックはとても興味深く、また楽しく聴かせてもらった。

まず全体を通して感じるのはビートルズのメンバーたちがセッションをとても楽しんでいる雰囲気が伝わってくるということである。

この「感じ」に心癒されたファンはきっと僕だけではないだろう。ビートルズは最後までとても仲がよかったのである。

もうすぐ公開される映画『レット・イット・ビー』のリメイクでも明らかになるだろうが、ビートルズの解散劇はその多くの部分が当時のマスコミによる(悪意ある)印象操作によって作り上げられた可能性が高い。そして、そのドラマの悪役に祭り上げられたのがポール・マッカートニーその人であったのだ。その歴史が書き換えられる日が近いことをこれらのボーナストラックを聴きながら、僕はひしひしと感じたのであった。(続く)

『アビイ・ロード』リミックスもULTRA HDで聴ける!
Amazon Music HD 90日間無料体験

関連記事