FC2ブログ

ポールの子育て術(1) - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » その他ポールの話題 » ポールの子育て術(1)

ポールの子育て術(1)

ポールが家族を大切にする人であることは昔から有名だし、ファンならば誰もが知っていることである。

だが、この事実は、特に欧米の華やかなショービズ界においては一つの奇跡であったと僕は考えている。

今でこそ家族が最も大切と考える人は多くなったが、ポールが一番活躍していた1960年代、1970年代という時代は、どちらかといえば男は仕事のためなら妻や家庭をないがしろにしてもよいと考えられていた時代であり、ミュージシャンのような人気商売ともなれば浮気やスキャンダルもやむなし、とさえ考えられていた時代でもあった。

実際、海外、国内を問わず、これまでにいったいどれだけの数の芸能人が華やかな結婚と、醜いスキャンダルと、金だけで解決されてゆく離婚を当たり前のように繰り返していったであろうか。(日本でも女遊びが芸のこやしとかなんとか・・・アホか!)

簡単に言ってしまえば、結婚生活さえもまともに継続できないような人たちが、およそ正しい子育てなどできるわけがないというのが一面的には真実であったと思う。もちろん離婚しても立派に子育てをしている人たちはたくさんいるが、やはり子供には母親、父親両方が必要なのだ。それは単純に5才の子供に聞いてみればわかることである。子供は父、母を愛する。

そんな時代だったから、ド田舎に引きこもり、自然の中で子供たちを育て、動物たちとふれあい、ツアーに子供たちを連れてゆくポール、リンダ夫妻の姿は、ある意味とても奇妙に映ったものである。今では誰もそんなことは思わないだろうが、当時は明らかに浮いていたと思う。

だが今思えば、ポールとリンダは完全に時代の先を行っていたのだ。

あれから時は過ぎゆき、子供たちは皆大きくなり、年を取った。

しかし、今もなお、ポールの4人の子供たちは、世界で最も幸せな子供たちのように見える。リンダ亡きあとも、ポールはほんとうに心から羨ましくなるほどの関係を子供たちと持ち続けているように思える。(続く)

ワンランク上の、楽天プレミアムカード
新規入会&1回利用で、最大14,000ポイントプレゼント


関連記事