FC2ブログ

【AMU】 ピーター&ゴードン メリー・ホプキン - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » Amazon Music Unlimited 【AMU】 » 【AMU】 ピーター&ゴードン メリー・ホプキン

【AMU】 ピーター&ゴードン メリー・ホプキン

以下のアルバムは『Amazon Music Unlimited』で聴けます。

汲めども尽きぬAMUのミュージックワールド。もはや人類にとって未来の音楽はストリーミングなしには考えられないし、あり得ない。なぜなら、過去20年間というものポール・マッカートニー、ビートルズの世界に安住し、ほとんど新しいアーティストや音楽に手を出さなかった(出せなかった)この僕が・・・、もうほとんど死にかかっていたこの僕が(笑)、今ものすごい勢いで新しい音楽、知らなかった音楽を聴きまくっているからだ。ひとたびこの喜びを知ってしまったら、もはや後戻りはできない。・

というわけで、今日紹介するのはポールがビートルズ時代に楽曲を提供し、大ヒットを記録したアーティスト2組。ピーター&ゴードンとメリー・ホプキンである。

ピーター&ゴードンは『愛なき世界(A Worlld Without Love)』で全英、全米共に1位。メリー・ホプキンは『グッバイ(Goodbye)』で全英2位、全米13位という、いずれもすばらしい成績を残している。ビートルズファンならば誰でも知っている曲でもあるが、なかなか自分でお金を出してまでこれらのレコードを買ったという人はいないのではないだろうか。
かくいう僕も、いい曲だなと思いつつもこの年になるまでレコードを買ったことはなかった。だから、AMUのおかげで今回めでたく彼らの曲を好きなだけ聴くことができるようになったというわけだ。しかもリマスター音質で。

まずピーター&ゴードンに関しては、ポールは実は『愛なき世界』以外にも曲を提供していて、『Nobody I Know』が英10位、米12位。『I Don't Want to See You Again』が米のみ16位。『Woman』が英28位、米14位。という成績をそれぞれ残している。つまり合計4枚ものシングルをチャートに送り込んだというわけだ。
僕自身も『愛なき世界』以外の曲はよく知らなかったので、今回じっくり聴かせてもらった。どれもポールらしいメロディアスないい曲ばかりだと思う。

ここはやはり上記4曲がすべて聴けるベスト盤ということで、以下のアルバムを推薦しておこう。音質もよい。

ピーター&ゴードン Greatest Hits



続いてメリー・ホプキンだが、ポールが曲を提供した『グッバイ』の前に、ポールがプロデュースを担当した『悲しき天使(Those Were The Days)』が全英1位、全米2位の大ヒットを記録していることも忘れてはならない。1度に2曲を聴くならアルバム『Post Card』を聴けばよいのだが、Apple Recordsから発売された他のヒット曲も一緒に聴ける『Come And Get It: The Best of Apple Records』をここでは推薦しておく。

Come And Get It - The Best Of Apple Records


プライム会員は月額760円 Amazon Music Unlimited

関連記事